『@DIME』に記事が掲載されています

小学館のウェブサイト『@DIME(アットダイム)』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。

記事は連載「ヒット商品開発秘話」で、今回は明治の『明治 ザ・チョコレート』を紹介。
開発の経緯、中身やパッケージの特徴、消費者とのコミュニケーション施策などについて紹介しています。
 
明治といえば90年前から、カカオからチョコレートをつくり続けており、これまでに何度となく、良質のカカオを使ったカカオの魅力を押し出した嗜好性の高いチョコレートをつくってきました。
しかし、日本ではミルクチョコレートのシェアが圧倒的に高く、ダークチョコレートのシェアはわずか。
2014年に発売した最初の『明治 ザ・チョコレート』も、このような事情もあって苦戦。
そこで、『明治 ザ・チョコレート』を一新することにしました。
 
特徴は、「ダークチョコ」という新たなカテゴリーを打ち出すことにしたこと。
日本でのミルクチョコレートの強さに対応するもので、砂糖の使用を極力抑えミルクとカカオをふんだんに使うことで、大人向きのミルクチョコレートをつくることにしました。
これをダークチョコレートと並ぶ柱にしようとしました。
 
また、パッケージもつくり手の手の温もりが伝わるようなクラフト調とし、余計なコピーやシズルも排しました。
さらに、発売後の消費者とのコミュニケーションは、テレビCMなどを使ったコミュニケーションではなく、顔を見て直接伝えるダイレクトコミュニケーションを重視することにしました。
 
以上のように、これまでのチョコレートづくりや販売の仕方とはかなり異なるものになりましたが、社内では反対されたり、不安視する声が相次いだといいます。
しかし、そんな声にひるむことなく、市場の現実やユーザー調査の結果などの客観事実を使い、冷静に狙いを説いて一つひとつ実現させていきました。
 
すでにご愛用されている方はもちろんのこと、チョコレートに目がない方、チョコレート選びにこだわりがある方、高級チョコレートの味をリーズナブルに楽しみたい方、この商品のパッケージが好きな方など、ご興味のある方はぜひ、アクセスしてください。

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 

他人の名刺にみる時代の変化

そういえば、今年に入りご同業の方と名刺交換する機会が増えました。
そのときに渡す私の名刺は……
 
名刺  
 
以前にも紹介したコレ。
まだこのデザインを使っています。
飽きるまで、このデザインを使い続けるでしょう。
フリーランスの名刺ですから、デザインはいくらでも、何とでもできます。
 
いただいた名刺を見ると、皆さん結構いろんなデザインの名刺を使っているのがわかります。
総じて言えるのは、凝っていること。
自分でつくっているのか、それとも外注しているのかは人それぞれですが(私は外注)、バリエーションに富んでいます。
Illustratorの使い方を憶えて名刺を自作しようかな……。
 
そんなことはさておき、ご同業の方々の名刺を見て気づいたことが3つあります。
私の名刺ではそうしていないのですが、結構このパターンが多いことに気づきました。
 
1つ目が、Gmailを使っている
私もGmailは使っていますが、仕事では使っていません。
なので、名刺にはGmailのアドレスは入れていないのですが、仕事用のメールにGmailを使っている人が圧倒的多数でした。
私がフリーランスになるとき、たしかマイクロソフトが無料のHotmailを提供していましたが、当時はまだHotmailのような無料メールアドレスを名刺に入れ、仕事で使っていることを堂々と示すのは好ましくないような風潮だった記憶があります。
でも、時代は変わりましたね。
Gmailが完全に市民権を得て堂々と使えるようなったので、仕事用のメインアドレスとして名刺に入れられるようになりました。
Gmail以外のメールアドレスを使っているのは少数派で、どちらかといえば私を含め年齢高めな人たちばかりでした。
 
2つ目が、電話番号がケータイオンリー
私は名刺に、ケータイと固定電話の両方を入れていますが、ほとんどの方がケータイオンリーでした。
これも私がフリーランスになる頃の話ですが、固定電話がないと信用度が落ちるといった見方がされていました。
なので、フリーランスになるとき、固定電話を入れました。
でも、現在はケータイ番号だけでもOKみたいですね。
きっと家にいないことが多という理由もあるのでしょうが、時代の変化を感じずにはいられませんでした。
 
そして3つ目が、住所を入れていない
名刺に住所を入れていない人が相結構いました。
これにはビックリです。
結局、名刺に書いてあることは[「ライター」という職業名][名前][ケータイ番号][メールアドレス]ということになります。
個人を取材するようなライターであれば問題ないかもしれませんが、私のように企業取材する場合、受け取った企業の方はビックリするかも……。
 
以上の3点が、今年に入りご同業の方々と名刺交換して気づいたことです。
時代の変化を、名刺の中身から実感するとは思いもしませんでした。

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 

プロフィール

大澤裕司(yuji)

Author:大澤裕司(yuji)
FC2ブログへようこそ!

2005年から本格的に、ライター稼業で生計を立てています。
主な取材分野は技術開発、中小企業、モノづくり(生産技術、生産管理も含む)、IT活用、人材育成、など。
2008年8月には初の著書『これがドクソー企業だ』を上梓しました。

仕事の依頼は大歓迎です。
コメント欄からご連絡いただければと思います。
その際、〈非公開〉にチェックを入れることをお忘れなく。
ただし、コメントについては、当ブログの内容と仕事の依頼に関係ないと判断した場合、容赦なく削除するのであしからず。←ここ重要

なお、BLOGでは基本的に、仕事とは関係ないことと仕事のことの両方を、とりとめもなく延々と紹介していきます。コメントへの返事は原則いたしますが、時と場合によってはしませんので、予めご了解ください。

ランキング参加中

どうか「ポチッ」とお願いします

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

スポンサードリンク

Flashカレンダー

人気ページランキング

ブログパーツ

最新記事

アーカイブ/カテゴリー

 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード