FC2ブログ

『@DIME』に記事が掲載されています

小学館のウェブサイト『@DIME(アットダイム)』に、私が執筆を担当した記事が掲載されています。
 
書くだけで人生がうまくいく嫌なことノート 』という本のレビューです。
 
本書は、嫌なこととその対策を、ルールにしたがって毎日「嫌なことノート」書き続けることの効用を説いたもの。
効用には、
 
感情のコントロールができ、ストレスがなくなる
コミュニケーション力が上がる
顧客心理がわかり、ビジネスのアイデアがどんどん生まれてくる
時間の使い方がうまくなる
 
といったものが挙げられています。
毎日続けるためのコツなども紹介されていますよ。
 
「嫌なこと」は、できれば目を背けたいものですよね。
でも、そこに充実した毎日が送れるヒントやビジネスチャンスがあったとしたら、どうでしょう。
きっと、正面から向き合おうと思うのではないのでしょうか?
そんな気にさせてくれるのが、本書なのかもしれません。
とくに、ビジネスでの「嫌なこと」の活用事例は、豊富に紹介されています。
 
上に挙げた効果に関心を持った方など、ご興味のある方はぜひ、サイトにアクセスしてください。
 
 
 
↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 
 
関連記事

4 Comments

hippopon  

No title

嫌な事書くと増幅する体質みたいです。
どんどん前に進むと楽になりますWW

2015/06/26 (Fri) 03:36 | EDIT | REPLY |   

自遊自足  

No title

自分にとって嫌なことを書いてその対策とか書いていくって、ある意味毎日反省文書いてその傾向と対策をまとめるて感じですかね~。確かに効果はあるかもしれませんね。私も書かなくっちゃとは思いますが・・・。嫌なことは少しでも早く忘れたいので家に戻ったらほんとに忘れてしまってることも多々ありますね~。一時的に健忘症に・・・・

2015/06/26 (Fri) 06:26 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

やはり、人それぞれですよね。
私もどちらかといえば、
嫌なことは引きずるタイプです。

2015/06/26 (Fri) 14:31 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

嫌なことをビジネスに生かすのは
よく理解できる話なのですが、
自分のことに生かそうとうするのは
人それぞれかもしれませんね。
私の場合、書いていると、その途中で
ネガティブな感情が増幅されそうで、
却って引きずる結果になりそうな気がしてなりません。
それに、すぐ忘れられる嫌なことと、
なかなか忘れられない嫌なことがあって、
かなり複雑です。

2015/06/26 (Fri) 14:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment