FC2ブログ

一瞬ヒヤッ!

普段、デスクトップの「Mac mini」を使って仕事をしているので、キーボードは当然なわけですが、「Mac mini」は買うときにキーボードが付属するわけではないので、別途購入する形になります。
 
本体とブルートゥースで接続できるのは、やはり便利。
有線の煩わしさがないのは、思った以上に快適なものです。
 
もう使い始めて3年以上経ちますが、本日、これを使っていて一瞬ヒヤッとしたことがありました。
 
本体とブルートゥースで接続するので、キーボードには乾電池をセットしないと使えません。
電池は単三を2本。
まったくなくなると、本体と接続できなきなります。
 
本日、仕事をしていたときに突然、キーボードが本体と接続できなくなりました。
電池残量が少ないことを警告されていたわけではないのに、いきなりです。
「おかしい」と思いながら接続が回復するのを待ちましたが、いっこうに回復する気配がなかったので、乾電池を交換することにしました。
 
すると、どうでしょう。
乾電池を取り出したら、とんでもないことがわかりました。
 
まず、手前のものを取り出して奥のものを取ろうとしたとき、変なものがポロッと落ちてきました。
最初は何だかわからなかったのですが、奥のものを取り出したとき、表面がやや汚くなっていたのです。
明らかにおかしいと思いよく見てみると、底が湿って指に何かの液体がつきました。
そう、液漏れを起こしていたのです。
指についたのは電解液で、ポロッと落ちてきたものは電池の表面の一部でした。
 
使っていた乾電池は日本の大手某社(T社としときましょう)のもので、別に古いものを使っていたわけではありません。
だから、余計にビックリです。
幸い、キーボードは電池を交換してから元に戻り、普段通りに使えています。
 
乾電池の液漏れはこれまで経験したことありませんが、身の回りに乾電池を使うものがあふれていると、こんなことが起きるのも珍しくありません。
皆さんも注意してくださいね。
液漏れが原因で壊れることもありますから。
 
 
 
↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 
 
関連記事

0 Comments

Leave a comment