FC2ブログ

【2012-13シーズン】サッカー界におけるスポーツウエアの勢力分布(総集編 その2)

不定期連載「サッカー界におけるスポーツウエアの勢力分布」の24回目。
今回は前回紹介した最終結果を受けての所見をまとめたいと思います。
 
トップ2は昨シーズン同様、NIKEadidas
これは調べるまでもなく、誰しも想像がついたところだと思いますが(どちらがトップに立つかどうかはべつにして)、個人的には思いのほか差がついたと感じています。
adidasNIKEより9チーム少ないのにはちょっとビックリ。
もっと拮抗するのではないかと思っていました。
いまに始まったことではありませんが、サッカーでは後発のNIKEが追いかけ、マーケティング力などあらゆる力を駆使してサッカー界でもトップを獲ろうとしていることが、結果からも読み取れます。
 
その煽りを受けているのが他のサプライヤー。
一番影響を受けているのはPUMAではないでしょうか?
世界的な知名度からいけば、本来はadidasあたりともっと競ってもいいはずですが、結果はadidasの約半分。
今シーズンはやや持ち直しているとはいえ、差が縮まっているとはいえません。
 
あとmacronhummelが採用クラブを伸ばしたところが、今シーズンは目立っています。
とくにmacronは目を見張るものがあります。
ただ、今回の調査の範囲では、macronはヨーロッパのクラブチームだけに採用されています。
macronが世界的なサプライヤーになるには、ヨーロッパ以外でいかに採用されるかにかかっているといえるでしょう。
 
世界的なサプライヤーといえば、日本のサプライヤーもそのようになっていただきたいものです。
今回ランクインした日本のサプライヤーはmizunoasicsYONEXの3つ。
YONEXはともかく、mizunoasicsにはとくに頑張っていただきたいものです。
 
個人的にはasicsに期待したいところ。
今シーズンはアジア、それもJリーグの結果だけにしか登場しなかったので、ヨーロッパでの存在感に一抹の不安を覚えます。
ランニングシューズや他のスポーツ分野では、asicsは世界的にメジャーですが、世界で一番人気のあるスポーツのサッカーでも、そうなっていただきたいものです。
 
というわけで、今シーズンの不定期連載「サッカー界におけるスポーツウエアの勢力分布」はこれにて終了。
来シーズンの予定は……まだわかりません。
気が向いたら、やることにします。
 
参考
 
 
 
↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 
 
関連記事

0 Comments

Leave a comment