FC2ブログ

マメモ+ブギーボードのようなデジタルノートが欲しい

フリーランスライターという仕事をしていると、取材ではいつもメモをとります。
長いことやっていると、メモを書き留めたノートが溜まる一方です。
しかし、仕事場のスペースなどの問題から、取材ノートはいつまでも保管できるわけではありません。
保管が苦にならないほど広いところで仕事できればそれに越したことはないのですが、残念ながらそんな甲斐性がないのが情けない限りです。
 
実際、いまのところ取材ノートの保管で困っているわけではないのですが、このままいけばいずれ、頭を抱えてしまうのは明白。
最近、今のうちに何らかの手を打っておきたいと考えるようになりました。
 
以前の本ブログで、ぺんてるの「airpen」に興味があることを書きましたが、興味を持った理由が取材ノートの保管に有用かもしれないと思ったからです。
 
いま考えている対策は、手書き文字を何らかの形でデータ化してパソコンに取り込み、本体のハードディスクのほかEvernoteにもアップしておくことです。
ただデータ化については、できれば、紙に書いた手書き文字をカメラで撮影して画像ファイルとして残す方式は面倒なので避けたい。
ノート代わりに使えるタブレット端末のようなものがあれば一番最適です。
 
タブレット端末といえば、iPadをはじめさまざまなものがあり、手書き対応するデジタルノートアプリも出ています(たとえばコレ)。
 
ただ、タブレット端末は多機能。
ノート代わりだけに使うには、もったいなさすぎます。
「使いこなせばいいじゃん」という声が聞こえてきそうですが、他の利用イメージがわかないせいか、いまいち触手が伸びません。
自分としては、紙のノートの代わりとして十分使える、手書きメモ機能に特化したタブレット端末が欲しいところです。
 
そういうタブレット端末のようなものはないか、と探してみたところ、どうも「NoteSlate」という商品があるようです(詳しいことはココをクリック)。
 
この商品、なかなかよさそうです。
専用ペンで書いた内容が保存でき、パソコンにも出力できる。
書けるスペースもA4大ですので言うことありません。
まさに手書きに特化したタブレットで、イメージに近いものがあります。
 
ただ、気になる点も。
まず、ページを送ることはできそうですが、戻すことができるのかどうかわかりません。
取材のとき、前のページに戻って書き足すということもありますので、これができないと厳しい。
写真を見る限り、これは難しそうです。
また、ボードが硬そうなので、話を聞きながら付属の専用ペンを盤面に早く走らせると、耳障りな音が目立つ気がしないでもありません。
だとすれば、取材ではちょっと使いづらいです。
 
それに、NoteSlateはよく調べてみると、日本どころか、まだどこでも発売になっていない模様。
このままお蔵入りの可能性すら指摘されている始末です(詳しくはココをクリック)。
 
他にコレといったものも見つかりません。
ただ、手書き機能に特化したタブレットの理想型は見えてきました。
それは、「マメモ」と「ブギーボード」を足したようなものです。
 
両方ともキングジムの商品ですが、理想をもう少しわかりやすく言えば、マメモをブギーボードのサイズでつくったものです。
マメモにはページを送ったり戻す機能があるようで、懸案点はクリア。
micro SDを使ってパソコンにデータを移すことも可能。
なかなか便利そうです。
 
ただマメモは、アマゾンのカスタマーレビューを見ると、液晶の表示に不満を示す人が多く、その点が心配。
実物を見たことがないので何とも言えないのですが、もしレビューでの指摘が本当なら使いにくそうな気がしないでもありません。
 
ということで、手書きメモ機能に特化したタブレット端末、簡単に言えばデジタルノートをどこか開発していただけないものでしょうか?
多少高くなっても使えるものに仕上がっていれば、買う人は結構いる気がします(私だったら即買い)。
できれば、機能を絞った電子文具が強いキングジムに開発してもらえるとありがたいのですが……。
 
 
関連記事

0 Comments

Leave a comment