FC2ブログ

冬支度でしておきたい暖房機のチェック

やはり冬が近づいてきたのでしょうか。
テレビを観ていたら、冬場になるとおなじみの感になった、パナソニックのあのCMが流れていました。
 
過去に販売していたFF式石油煖房機の回収に関するものですが、事故の元になりますので、持っていても使わないようにしてください(回収の経緯、回収の対象、見つけた際の対処法についてはここをクリック)。
 
とくに今年の冬は夏同様、節電が叫ばれていますが、電気の消費が少ない石油暖房機だからといって、パナソニック製に関しては長年使っていなかったものを物置などから引っぱり出して安易に使用するのは禁物。
使用する前には必ず、型番を確認し、回収の対象になっているものは速やかにパナソニックに届け出るのがよいかと思います。
 
パナソニック製以外のものについても今一度、確認の上、使用するのがいいでしょう。
実際、Recall Plus(リコールプラス)というサイトで[ストーブ]や[暖房機]というワードで検索すると、結構な数のリコール/回収案件がヒットします。
事実、リコールプラスで検索した結果、わが家で使っているオイルヒーターに一瞬、点検・修理の疑いがかかったほどでした(よく調べたところ、対象外の型番だったためセーフ)。
 
そういうわけで、この冬は暖房機を使う前に必ず、リコールなどに引っかかっていないかを確認しておくことをオススメします。
 
 
関連記事

0 Comments

Leave a comment