FC2ブログ

『@DIME』に記事が掲載されています

※タイトルは前回と同じですが、内容は異なります。
スルーしないでくださいね。

小学館のウェブサイト『@DIME(アットダイム)』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。
 
この宅配サービスの概要や誕生の背景などについて紹介しています。
 
『MACHI ECO便』とは10月1日から始まった新しい宅配サービス。
現在は東京と大阪だけで展開。
ネスレ日本と佐川急便が共同でサービスを提供しています。
 
特徴は、地域の人や商店に商品配送の拠点となる「ECO HUB(エコハブ)」になってもらうこと。
佐川急便から運ばれた商品を、利用者に受け取りに来てもらうか届けに行ってもらいます。
宅配業者がトラックを運転して一軒一軒の家を回って商品を届けていたのに代わるものなので、環境にも配慮するほか、ドライバーの負担も軽減します。
 
利用できるのは、ネスレの商品を定期的に届けてもらっている人。
『MACHI ECO便』専用HPにアクセスし、定期的に配達してもらいたい商品をまとめてから、お届け方法と希望するECO HUBを選択すると、利用できます。
また、商品の受け取りには専用のオリジナルエコバッグを利用。
これにより、余計な段ボール資材を使うことがなくなり資源の節約につなげることができます。
このほか、東京では『MACHI ECO便』専用ロッカーを介して商品を受け取ることもできます。
 
『MACHI ECO便』は今後、P&G など他社にも参加を呼びかける方針だといいます。
しかしそれにしても、このサービスを佐川急便と始めるネスレ日本は、どちらかといえば宅配サービスを利用する側。
なぜ、そのような会社が宅配サービスを新たに提供することになったのでしょうか?
 
その背景には、放っておくことのできないある社会的な課題があり、ネスレもそのことで悩まされてきました。
とある事業の利益を圧迫するほど由々しき問題だったことから、看過することができず立ち上がったというわけです。
 
ネスレの商品を定期的に配送していただいている方はもちろんのこと、ご興味のある方はアクセスしてください。

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『バカ売れ法則大全』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 
関連記事

4 Comments

自遊自足  

宅配も量が増えて大変ですね~ 確か佐川さんって自宅を拠点に半径500mとか1キロのお客様の荷物を配送する仕組みで人材を募集っていうことをやってたような。ヤマトさんと違って拠点数が少ないから色々考えてますね

2018/10/06 (Sat) 05:28 | EDIT | REPLY |   

hippopon  

信じていたコンビニが信用にたらないとなったので
ちゃんと選んで受け取れるのって嬉しいですね。

2018/10/06 (Sat) 07:40 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

よくご存じでしょうが、宅配業界はドライバー不足で、
その弊害を利用者が被っている側面が強いんですよね。
普通なら宅配サービスの利用者であるネスレは、
手足が出ないはずなのですが、見過ごせないとして
佐川急便と組んで宅配サービスに乗り出すのは、
すごいことだと思います。
ネスレ以外に利用企業が増えると、利便性がアップ
するので、今後の動向は注目した方がいいかもしれないです。

2018/10/06 (Sat) 12:51 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

紹介した宅配サービスは、商品の受け取り、
配送拠点となるECO HUBを利用者が選べますからね。
そういう点は、ありがたいと思います。
もっとECO HUBが増えるとより便利になるでしょう。

2018/10/06 (Sat) 12:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment