FC2ブログ

『@DIME』に記事が掲載されています

小学館のウェブサイト『@DIME(アットダイム)』に、私が取材・執筆した記事が掲載されています。
 
記事は連載「ヒット商品開発秘話」で、今回は三菱鉛筆の『uni Color(ユニカラー)』を紹介。
企画・開発の経緯、開発上の苦心点、ユーザーへの使い方の提案、などについてまとめています。
 
『ユニカラー』はカラー芯専用のシャーペン。
同社の色鉛筆『ユニカラー』と同じ名前ですが、今回紹介したのは色鉛筆ではなく、カラー芯専用シャーペンになります。
 
『ユニカラー』開発のきっかけは、同社が開発した消しゴムで消せるシャーペン芯『ユニ ナノダイヤ カラー』にあります。
『ユニ ナノダイヤ カラー』は全7色あり、芯径は0.5㎜と0.7㎜の2つあります。
『ユニカラー』は、『ユニナノダイヤカラー』をもっと使ってもらうために開発されました。
 
『ユニカラー』登場以前、『ユニ ナノダイヤ カラー』ユーザーは、同社製であれば中価格帯(500円〜)の『クルトガ』に入れて使っていました。
ただ、シャーペンのメインユーザーである中高生にとって、『クルトガ』のような中価格帯のシャーペンを芯全色分そろえるのは、金銭的に負担が大きいです。
そこで同社は、安価なカラー芯専用のシャーペンを開発し、『ユニ ナノダイヤ カラー』の普及を目指すことにしました。
 
ただ、コストを下げればいいというわけにはいきませんでした。
カラー芯は製法上野理由から、墨芯と違い折れやすというデメリットがありました。
そのため、芯を折れにくくすることも求められました。
 
とはいえ、低価格で販売するため開発コストは限られます。
多くの部品を使って複雑な機構を採用することなどできません。
低価格と芯を折れにくくすることを両立するため、知恵を絞りました。
 
また、軸色は『ユニ ナノダイヤ カラー』と同じ色の全7色あり、芯径0.5㎜は半透明、同0.7㎜は不透明。
芯径0.5㎜の半透明、同0.7㎜の不透明は『ユニナノダイヤカラー』のケースと同じで、芯とシャーペンで連動させました。
 
『ユニカラー』は同社初のTwitterを活用したキャンペーンなどにより、発売後から順調に推移します。
その後、派生品として多色シャーペン『ユニカラー3』が誕生。
さらに、『ユニカラー』と『ユニ ナノダイヤ カラー』の組み合わせとボールペン、蛍光ペンを一緒に使った使い方を提案するサイトを開設し、カラフルなノートやカードづくりなどを紹介するようにしました。
 
すでにご愛用の方はもちろんのこと、カラー芯を使ってみたい方、ノートなどをカラフルにしたい方など、ご興味のある方はアクセスしてください。

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『バカ売れ法則大全』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 
関連記事

8 Comments

自遊自足  

シャープペンシル全く使わなくなりました。もっぱらボールペンです。以前は0.3㎜のシャーペン使ってましたけどね~ 会社生活終わるとだんだんメモするっていうことが少なくったような・・・と言うか少なくなりました。いっそのこと万年筆にしちゃおうかな~と。密かに雑誌のおまけに付かないかチェックしてます。

2018/10/04 (Thu) 05:01 | EDIT | REPLY |   

hippopon  

文房具コーナーがちょっと楽しみになりました。
ご紹介ありがとうございます。

2018/10/04 (Thu) 10:57 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

シャーペンの一番のユーザーは学生なんですよね。
自分も3色ボールペンのサブとして
シャーペンを使っていたのですが、
最近長いこと使っていたシャーペンが壊れたようで、
すっかり使わなくなってしまいました。

万年筆は、男性誌だと付録につくことがあるので、
辛抱強く待っていれば、手に入れられる
チャンスは十分にあると思います。

2018/10/04 (Thu) 12:57 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

まだ新しい製品なので、
文具店に行けば、専用の販売什器に入れて
目立つように置いてくれているところが
多いと思います。
ぜひ探してみてください。
おそらく、テスターの中には
『ユニ ナノダイヤ カラー』が入り、
消しゴムも常備しているはず。
書いて消してみると面白いですよ。

2018/10/04 (Thu) 13:02 | EDIT | REPLY |   

ふたごパンダ  

こんばんは♪

カラー芯初めて知りました!
今はめっきりシャーペンを使わなくなりましたが。。。
学生の頃あったなら
全色買っていただろうなぁ(*´▽`*)

2018/10/04 (Thu) 20:30 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

ふたごパンダさんへ

コメントありがとうございます。

これ全色そろえたくなりますよね。
色鉛筆のセットと一緒で、
一色でも欠けると気持ち悪い感じがします。
文房具屋さんで見つけたらぜひ、
試し書きしてみてください。

2018/10/04 (Thu) 22:55 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/10/05 (Fri) 17:54 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

鍵コメさん(お名前が「ア」で始まる方)へ

コメントありがとうございます。

まあ、あまり無理しないでくださいね。
背負いこんで共倒れ、というのが一番怖いですから。

困った状況、大変な状況でも息抜きは必要です。
このブログは読んでためになることは何一つないので
(ときどき毒は吐きますが……)、
息抜きぐらいには使えると思います。
ぜひ、息抜きにご活用ください。

2018/10/05 (Fri) 23:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment