FC2ブログ

『@DIME』に記事が掲載されています

小学館のウェブサイト『@DIME(アットダイム)』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。
 
技術的な特徴、開発の動機、既存のLED照明やHID照明(水銀灯やメタルハライドランプ)との違い、育成に使った際の効果、などについて紹介しています。
 
アクアリウム用LED照明は文字通り、アクアリウムに使うもの。
最大の特徴は、太陽光に近いスペクトル(分光強度)を実現したことにあります。
実現を可能にしたのが、同社が持っている「CERAPHIC(セラフィック)」という独自技術。
紫色LEDにRGB(赤・緑・青)の蛍光体を調合し、太陽光に近い高演色の光をつくることができました。
これを利用し、サンゴや水草の育成実験の取り組み、既存のアクアリウム用LED照明と違い色が本来のものに近くなることが確認されました。
 
実験は同社だけでなく、静岡大学や新江ノ島水族館といった海洋生物研究の権威も取り組みました。
そこでも、既存のアクアリウム用LED照明やHID照明より、サンゴや水草の育成に好影響があることが確認できました。
 
アクアリウムが首位の方はもちろんのこと、これからアクアリウムを始めてみたいと思っている方、育てている水草などが「思ったように成長しない」とお嘆きの方など、ご興味のある方はサイトにアクセスしてください。

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『バカ売れ法則大全』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 
関連記事

6 Comments

自遊自足  

いつか私も水槽を持ちたいんですよね~ ロングドライブが無くなってからですけどね。それまでにもっと価格が安くなりますように

2018/08/14 (Tue) 05:05 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/14 (Tue) 13:23 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

量産が進めば価格は下がると思いますけど、
どれくらい下がるかは未知数ですね。
照明ですからいろいろ使えるとは思いますが、
値段を聞いたときに、あんなに
高いものだとは思いもしませんでした。

2018/08/14 (Tue) 13:31 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

鍵コメさん(お名前が「モ」で始まる方)へ

コメントありがとうございます。

ご丁寧な残暑見舞い、恐縮です。
異常気象で残暑が厳しいですが、
体調を壊すことなくお過ごし下さい。
ブログにはこれからも、いつもの
ペースでお伺いいたします。

2018/08/14 (Tue) 13:35 | EDIT | REPLY |   

hippopon  

今日は、くしくも先日取り替えたばかりなのに、電灯が消えて
シーリングライトを 注文したところです。
粗大ごみは来週にならないと引き取りがない。A軒2枚よ。
蛍光灯のほうが色が柔らかくて好きなんですがなくて 
LEDになりました。
今夜は間接照明を繰り出して、結構素敵な晩なんです。

2018/08/14 (Tue) 20:31 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

間接照明って雰囲気が出ますよね。
似合うオシャレな家に住んでみたいです。
自分も蛍光灯の色の方が好きです。

2018/08/14 (Tue) 22:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment