FC2ブログ

友人の見舞い

当ブログで以前、脳出血を発症した高校時代の友人のことを話題にしたことがあります。
その友人は現在、リハビリ専門病院に入院しており、社会復帰に向けてリハビリ中。
1月になったら高校時代の仲間うちで見舞いに行こうという話だったのですが、事情により中止になり、その代わり新年会と相成りました。
 
その後、今週に入り、友人のご家族から見舞いに行っても大丈夫そうな話を別の友人が聞いたことから、急きょ見舞いに行くことが決定。
本日、友人が倒れてからはじめて見舞いに行ってきました。
 
見舞いに行ったのは自分を含めて4名。
都内某所で13時に待ち合わせて、友人(見舞いに行っても大丈夫そうな話を聞いた友人とは別の友人)が運転するクルマで向かいました。
 
友人が入院するリハビリ専門病院は横浜。
それも外れの方で、ちょっと行けば八景島シーパラダイスがあるところです。
 
クルマは首都高を順調に走行。
渋滞もなく、スムーズに進みました。
途中……
 
首都高大黒PA  
 
首都高大黒PAで休憩。
ここまで来たら目的地の病院まで比較的近いので、かなりのんびりしました。
30、40分ぐらいはいたかもしれません。
何せ見舞いは15時からだったので、それはもう時間に余裕がありました。
 
休憩を終え大黒PAを出てから、14時50分ごろに……
 
横浜なみきリハビリテーション病院  
 
目的の病院に到着。
病室に全員がぞろぞろ入るわけにはいかなかったので、友人の一人(見舞いに行っても大丈夫そうな話を聞いた友人)が、病室にいる友人を連れて来ました。
 
事前に聞いていた話では、かなり痩せこけたとのことでしたが、会ってみると思ったほどではなく、血色も良かったです。
ただ、痩せたことには変わりなく、もともと自分より体格がよかったのに、小さく感じてしまいました。
前回会ったのが発症する5日ほど前だったので、思ったほどではなかたとはいえ、変わりようはすごかったです。
 
車椅子に乗って現れた友人は、右半身は動かないものの左半身は以前と同じく使えるので、左腕と左足を器用に使い車椅子を操ってきました。
頭はしっかりしていて、見舞いに行った4人の話は理解できていました。
他愛のないバカ話で笑ったときの顔を見たときは、正直言ってホッとしました。
 
ただ、友人は何とかして伝えたいことを必死に伝えようとしているのですが、まだうまく話せないことが多く、伝わってないなと思うと、その都度自分に苛立っていました。
出血した箇所が言語中枢のある左脳だったことが影響しているのですが、話したくてもうまく伝えられないことは、相当つらいはずです。
 
自分たちにできることは、友人の回復を信じ見守るだけ。
少しずつ歩行訓練も始まり着実に回復に向かっているようなので、だんだん会話もスムーズに行くような気がします。
談笑時に笑顔を見たら、そんな風に確信しました。
 
今回見舞いに行った4人と脳出血を発症した友人は、高校2年生のときの同級生。
当時、勉強そっちのけでバカなことやってつるんだ仲で、いまだに切れることなく続いてきた関係です。
ちょっとやそっとのことが起こっても動じません。
 
だから全員、彼が回復するのを気長に待っています。
回復を信じ、焦ることなくリハビリに励んでほしいです。
またいずれ、みんなと見舞いに行くから待ってろよ!

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『バカ売れ法則大全』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 
関連記事

8 Comments

自遊自足  

No title

リハビリに焦りは禁物なんでしょうね。周囲の暖かい見守りが必要にって思ってしまいます。

2018/03/11 (Sun) 04:54 | EDIT | REPLY |   

hippopon  

No title

ここね、
お知り合いが 倒れた後
いらしたんですよ。
あ~~~~~と。びっくり。

横浜市大病院があるんですよ
あのあたりに。
なかなか交通の便がうまくいかなくて
顔出すのが大変とおっしゃってて、
あ~~。よもやの偶然でした。
快適に過ごされたようでしたよ。
びっくり、しました!

2018/03/11 (Sun) 05:29 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

本人はただでさえ必死なはず。
心の底では「頑張れ」とは思っても、
口に出したらプレッシャーに感じるかもしれないので、
周りは本当に黙って見守るしかできないと思います。
元通りにとはいかないまでも、回復してほしいですね。

2018/03/11 (Sun) 13:48 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

この病院ご存じでしたか。
なかなか大きなところでしたよ。

シーサイドラインが通るあのあたり、
仕事でも来たことがあるのですが、
横浜の外れといっても、交通の便が
あまりよくないところで、
クルマがないと不便かも。
確かに少し離れたところに、
横浜市大病院がありますね。

あのあたりに来るなら、
八景島シーパラダイスに行ってみたいです。

2018/03/11 (Sun) 13:57 | EDIT | REPLY |   

アイハート  

No title

ユックリですが、問題なく生活で来るようになられると思います。
ご本人の弛まぬ努力は必要ですよね、見守っていてあげてください。

私の学友も、(話が出来るようになって)「いつも、自死すること考えていた」と言っていました。
慰めるのも、励ますのも・・・難しいものが有りますね。

2018/03/11 (Sun) 14:18 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

アイハートさんへ

コメントありがとうございます。

最後の「慰めるのも、励ますのも・・・難しいものが有りますね」は
まさにその通りだと思います。
だから、見守ることしかできないです。
必ず回復することを信じて、
ただ見守るだけです。
命が助かったんですから、
回復するチャンスはあります。

2018/03/11 (Sun) 20:01 | EDIT | REPLY |   

ふたごパンダ  

こんばんは♪

うちのちーちゃんは右脳の視床をやられました。
言語に問題はないとはいえ、いまだに左腕は重いし
指先も使えず不便です。脳出血は厄介な病気ですね。

友人さんも発症当時は相当ショックだったと思いますが
やはり生きていることは、すごいことだと思います。
yujiさんのような高校からの友人がいて
言葉はなくても見守ってくれる存在というのが
1番の励みになると思います。
病気に気を遣いすぎず、バカな話ができるのが
1番嬉しいんじゃないかな(*´▽`*)
友人さんの身体が少しずつよくなっていきますように
祈っています☆

2018/03/11 (Sun) 20:49 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

ふたごパンダさんへ

コメントありがとうございます。

ちーちゃんも大変ですね。
脳出血は本当に厄介だと思います。

発症したときに車を運転していたのですが、
走っていたのが高速道路。
それを考えると、命が助かっただけ
まだ運があったのだと思います。

せっかく助かった命ですから、
チャンスはあります。
そう思って諦めず回復を目指してほしいですね。
自分を含め周囲の人間は、
その様子をただ見守る。
いままで通りに接するだけです。
バカ話だったらいくらでもできますでの……。
◯◯がついにタバコをやめたとか、
この前、みんなでうなぎを食べに行ったといった
他愛のない話に笑ったりしていた
ときの顔は、本当にいい表情でした。

あと、友人のことをお気遣いいただき、
本当にありがとうございます。 m(_ _)m
友人に代わり御礼申し上げます。

2018/03/11 (Sun) 22:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment