FC2ブログ

『@DIME』に記事が掲載されています

小学館のウェブサイト『@DIME(アットダイム)』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。

記事は連載「ヒット商品開発秘話」で、今回は日本製粉の『オーマイ ラザニエッテ』を紹介
企画・開発の経緯、早くできる理由、具感を出すためにしたこと、などについて紹介しています。
 
『オーマイ ラザニエッテ』はベースソースとラザニエのセット。
特徴はラザニエの別茹でが不要で、従来の半分の時間でできるところにあります。
 
開発の背景にあったのは、家庭用パスタ市場の活性化。
日本ではスパゲティなどのロングパスタの方が圧倒的に好まれていることから、カギを握っていたのはショートパスタの利用を促進することにありました。
日本でのショートパスタの使われ方は、ほとんどがマカロニサラダかマカロニグラタン。
したがって、マカロニ以外のショートパスタを使った提案が欠かせませんでした。
 
このような中でラザニエに注目したのは、ラザニエはレストランなどで比較的見かける機会があり食した経験がある人が多いため。
つくるのに時間がかかるため外で食べるもの、というイメージもありましたが、時間がかからず簡単にできれば受け入れられる、と考えました。
 
つくる上で面倒なラザニエの別茹でについては、茹でている途中からベースソースを加えて煮込むことで解決。
その前に別途用意した合挽き肉を炒める工程がありますが、合挽き肉は具感を出すために別当用意することにしました。
当初はベースソースの中に肉を入れることも考えていましたが、レトルトパウチに封入して殺菌することから具感が損なわれるため、ユーザーに合挽き肉だけ別に用意してもらうことにしました。
 
また、実際に使っているパスタはラザニエより少し小さいラザニエッテ。
これは小さくすることで取り分けやすくなることから、ラザニエッテを使うことにしました。
 
すでにご愛用の方はもちろんのこと、ラザニエが好きな方、家でもラザニエをつくって食べたい方、パスタはロングよりショートだという方など、ご興味のある方はぜひ、アクセスしてください。
 
ちなみに、先日の当ブログでラザニアをつくったことを紹介しましたが、あのとき使ったのが、これでした。
記事を書くときに参考に地元のスーパーで買ったものがあり、記事が書き終わったこともあり、つくっていました。

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『バカ売れ法則大全』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 
関連記事

4 Comments

自遊自足  

No title

それで作ったんですね~ そう言えば余りというか食べないですね~ 長いほうは食べるけど短いものは・・・・これを機に相方に話してみますかね。相方も作った事無いような気がするんです

2017/12/09 (Sat) 05:25 | EDIT | REPLY |   

hippopon  

No title

僕にもできる、、だったのね、ww
他のシリーズもありそう、、🍳
是非拝見!(*^▽^*)

2017/12/09 (Sat) 18:37 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

記事を書くときの参考に買いましたから、
せっかくなのでつくりました。
包丁を使うことなくつくれますので、
誰にでもできると思います。
日本人にはなかなかな馴染みが
ないショートパスタですから、
奥様はどう反応するか……。

2017/12/09 (Sat) 20:15 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

残念ながら、シリーズ化は今のところ
まったく予定がありません。
ただ、忘れた頃にひょこっと
やる可能性はあるかも? しれないです。

2017/12/09 (Sat) 20:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment