FC2ブログ

『@DIME』に記事が掲載されています

小学館のウェブサイト『@DIME(アットダイム)』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。
 
記事は連載「ヒット商品開発秘話」で、今回はキリンビールの『キリン 零ICHI』を紹介。
誕生の経緯・背景、開発上の課題とその克服、開発手法、商品を認知してもらうための工夫、などについて紹介しています。
 
『キリン 零ICHI』はアルコール度数0.00%のノンアルコール・ビールテイスト飲料。
今ではすっかり定着したノンアルコール・ビールテイスト飲料ですが、この分野の市場をつくったのが、同社でした。
そのきっかけは、2009年に発売した『キリン フリー』でしたが、その後、競合他社が強力な新製品で参入してきたことにより、同社はシェアを落とします。
この間、リニューアルを何度か実施しテコ入れを図ってきましたが、勢いを盛り返すまでには至りませんでした。
 
市場が横ばいになり成熟の様相を呈していた中、同社は「まだ何かできることがある」という理由から、ノンアルコール・ビールテイスト飲料ユーザーを対象に実態調査を実施。
すると、4人に1人が、ノンアルコール飲料の味に不満を持っていることがわかります。
これでビールらしい味わいにこだわったノンアルコール・ビールテイスト飲料をという骨格が決まりますが、『キリン フリー』のリニューアルではなく新ブランドとして立ち上げることになったのは、『キリン フリー』の味に不満を覚え離脱した人が相当数にのぼるため。
味に関してネガティブなイーメージを持たれていたことから、新ブランドを立ち上げることにしました。
 
ただ、ビールらしい味わいといっても、それは人によって様々。
これについても調査を実施し確認したところ、麦のコクや味わいが感じられるものをビールらしい味わいとして捉えている人が多いことがわかります。
麦のコクや味わいが感じられるものとして同社が採用したのが、『キリン 一番搾り』に採用されている「一番搾り製法」でした。
 
確立されている製法を採用することになったので、開発はスムーズに行くかと思いきや、ノンアルコール・ビールテイスト飲料ならではの困難に直面します。
それは、麦汁をゴクゴク飲めるようにすること。
『キリン 一番搾り』と同じ一番搾り麦汁を使って開発することになりましたが、一番搾り麦汁は口の中に独特の甘さが残るため、ゴクゴク飲めるものではありません。
ビールの場合、発酵工程があるため糖分がアルコールや炭酸ガスに変わりますが、ノンアルコール・ビールテイスト飲料には発酵工程がありません。
麦汁独特の味わいをマスキングし飲める状態にするため、専用の香料を開発したほか、様々な香料の組み合わせを試しました。
 
また『キリン 零ICHI』は、試作品を研究所で分析して出た数値を元に開発。
分析結果の数値をビールに近づけていくことによって、ビールと同じ味わいを実現したといいます。
 
すでにご愛飲の方はもちろんのこと、ノンアルコール・ビールテイスト飲料が好きな方、ノンアルコール・ビールテイスト飲料の味に不満がある方、休肝日でもアルコールが飲みたくて仕方がなくグッと我慢している方、アルコールを飲みたくても運転しなければならない機会が多く我慢することが多々ある方、アルコールが飲みたいけど妊娠中で飲めない方、育児で気が抜けずアルコールが飲みたくても飲みづらい方など、興味のある方はぜひ、アクセスしてください。

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 
関連記事

6 Comments

自遊自足  

No title

これ飲んでみたいと思ってるんです。がこれを買うということは休肝日にするって宣言してるようなものなので躊躇してるんですよね~ 明日は配送の仕事休むのでスーパーでチェックしてきます。買ってみるかな~ 

2017/07/19 (Wed) 05:02 | EDIT | REPLY |   

hippopon  

No title

麦汁、、、カロリ~~が、
去年だったら、アルコールがないのでトライできたけど。
この夏は、体絞るの決めたから、、
あ、、10キロも歩いてて 
冷凍庫に突っ込んでからあるいて、
ちょびっと我慢してのめたらおいしいでしょうねぇ。

2017/07/19 (Wed) 09:41 | EDIT | REPLY |   

MK  

フリーよりは・・・・・

元気だった頃、麦酒は清涼飲料水でした。
ホップが効いた苦味と香りの爽快感、これが信条。
されど、フリーは寂しかった。
零ICHIも頑張ってるけど・・・・。
ホップの味で、結局他社の〇―ルフ〇ーを選択。
嗜好品の開発は難しいと思います。
麦酒を呑みたいけど、
呑めない時に呑むんじゃなく、割り切っちゃって、ホップの苦味と香りを楽しむ清涼飲料水と考える必要がありそうです。
それと、値段が高すぎますよねぇ。
せめて酒税が掛からない分、安くてもよさそうなんですが(笑)。

2017/07/19 (Wed) 10:26 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

確かにこれを堂々と飲もうとすると、奥様には無言で
「休肝日」を宣言しているように受け取られかねませんよね。
飲むのは、本当の休肝日のときにだけにしておいた方がいいかも?
ちなみに、自分は飲みましたが、個人的な印象を言うと、
思っていた以上にビールらしく仕上がっていました。

2017/07/19 (Wed) 19:00 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

何かの目標達成時に、キンキンに冷やした
コレを飲むというのはいいかもしれませんね。
これからさらに暑くなりますから、
キンキンに冷やしたものはきっと
美味しいと思いますよ。

2017/07/19 (Wed) 19:03 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

MKさんへ

コメントありがとうございます。

一番最初の『キリン フリー』に比べると、
味ははるかにビールに近づいていますよ。
ビールの中でも麦のコクが感じられる
ものが好きな方には、これはいいような気がします。
簡単に言えば、一番搾りが好きな人には
好まれると思います。

2017/07/19 (Wed) 19:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment