大阪出張(前編)

遅くなりましたが、出張から帰ってきました。
行き先はタイトルにあるように大阪です。
前回行ったのは一昨年のこと。
そのときの模様は、ココをクリックしてご覧ください。
 
今回の行き先は梅田。
大阪を代表する繁華街ですよね。
新大阪から近く、取材先に向かうのはかなり楽でした。
 
取材は15時30分頃には終了。
普通なら、これで帰るところですが、あるところに寄り道することにしました。
 
立ち寄り先は、取材先でも少し話題になったほど。
今のシーズンの大阪では話題のスポットです。
どこに何をしに行ったかというと……
 
桜の通り抜け 案内(天満橋駅)  
 
造幣局の桜の通り抜けに行っていました。
この写真は天満端駅に掲示されていた案内板。
駅は結構賑わっていました。
 
造幣局は、大阪では桜の名所としても有名なところ。
毎年桜のシーズンになると、造幣局南門から北門にかけて、一方通行で通り抜けられます。
今年は4月11日から17日まで実施。
せっかくのチャンス、逃したくなかったので、取材帰りに立ち寄ることにしました。
 
入口の南門は……
 
桜の通り抜け 入口  
 
平日にもかかわらず見事な混雑ぶり。
老若男女関係なく、集っています。
観光客の多かったのですが(外国人観光客も相当なもの)、地元と思われる人たちの姿も多かったです。
待ち遠しかったのでしょう。
 
この通りの両脇に桜の木がたくさん植わっており、桜並木を形成していたのですが、植わっている桜の種類が豊富なこと!
これは意外でした。
なので、桜の種類によってはまだ蕾のものあったほどでした。
 
桜の季節に東京以外で桜を楽しんだのは、今回が初めてかも。
狂い咲く桜の様を、とくとご覧ください。
 
桜1  
 
桜2  
 
桜3  
 
桜4  
 
桜5  
 
桜6  
 
桜7  
 
桜8  
 
桜9  
 
桜10  
 
桜11  
 
桜12  
 
桜13  
 
桜14  
 
桜15  
 
桜16  
 
桜17  
 
桜18  
 
桜19  
 
桜20  
 
いかがでしょうか?
本当にバラエティーに富んでいますよね。
東京の桜の名所はソメイヨシノ中心ですが、造幣局のように様々な桜があるところは、ダイナミックで見応えがあります。
 
桜の通り抜けは、距離はそれほどではないものの、写真撮るのに夢中なったため、ゴールの北門に到着するまで結構時間がかかりました。
これで今回のミッション(?)は終了。
あとは地下鉄に乗って新大阪駅に向かい、東京に帰るだけです。
 
……と思いきや、新大阪に向かわず再び梅田で地下鉄を降ります。
 
それは一体なぜか?
目的は果たして何か?
謎が謎を呼ぶ不思議な展開に目が離せない。
次回「大阪出張(後編)」をどうぞご期待ください。
(最後はテレビの「次回予告」風にまとめてみました)

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 
関連記事

trackback

comment

No title
美しいですね。
有名な通り抜け、うらやましい。🌸(*^▽^*)
  • 2017-04-13│05:12 |
  • hippopon URL│
  • [edit]
hippoponさんへ
コメントありがとうございます。

いろんな種類の桜が咲き、見応え充分でしたよ。
賑わうのもよくわかりました。
  • 2017-04-13│15:06 |
  • 管理人の大澤裕司 URL│
  • [edit]
No title
大阪でしたか~ わかりませんでした。毎回通過してるのに・・・。それにしてもきれいですね~ 一度行く価値有ですね。来年には・・・・
  • 2017-04-14│06:22 |
  • 自遊自足 URL│
  • [edit]
自遊自足さんへ
コメントありがとうございます。

造幣局の桜は種類が本当に豊富。
距離はそれほどでもありませんが、
いろんな桜が見られ、見応え十分でした。
行く価値は、あると思います。
  • 2017-04-14│15:00 |
  • 管理人の大澤裕司 URL│
  • [edit]

コメントする

Secret


プロフィール

大澤裕司(yuji)

Author:大澤裕司(yuji)
FC2ブログへようこそ!

2005年から本格的に、ライター稼業で生計を立てています。
主な取材分野は技術開発、中小企業、モノづくり(生産技術、生産管理も含む)、IT活用、人材育成、など。
2008年8月には初の著書『これがドクソー企業だ』を上梓しました。

仕事の依頼は大歓迎です。
コメント欄からご連絡いただければと思います。
その際、〈非公開〉にチェックを入れることをお忘れなく。
ただし、コメントについては、当ブログの内容と仕事の依頼に関係ないと判断した場合、容赦なく削除するのであしからず。←ここ重要

なお、BLOGでは基本的に、仕事とは関係ないことと仕事のことの両方を、とりとめもなく延々と紹介していきます。コメントへの返事は原則いたしますが、時と場合によってはしませんので、予めご了解ください。

ランキング参加中

どうか「ポチッ」とお願いします

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

スポンサードリンク

Flashカレンダー

人気ページランキング

ブログパーツ

最新記事

アーカイブ/カテゴリー

 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード