FC2ブログ

『@DIME』に記事が掲載されています

小学館のウェブサイト『@DIME(アットダイム)』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。
 
記事は連載「ヒット商品開発秘話」で、今回はリベルタの『白ワキ姫』を紹介。
企画・開発の経緯、実現する上でポイントになったこと、海外での反響、などについて紹介しています。
 
『白ワキ姫』はワキの黒ずみをケアする商品で、2014年3月発売。
古くなった角質をピーリングで落としつつ、ファンデーションのように伸びて黒ずみを隠すという2つの特徴を持っています。
 
ワキの黒ずみをケアする商品を開発したきっかけは、電車の中で偶然見かけたある光景。
男性にとっては、ちょっとショッキングな光景を目にしたことで、開発を思い立ちます。
ただ、ワキは女性にとって秘部ともいえるところであり、商品化に対する社内の女性スタッフの反応は否定的なもの。
それでも、独自の確信から商品化を半ば強行しました。
 
『白ワキ姫』は企画段階から、ワキの黒ずみを改善する本質的なケアだけでなく、黒ずみを見つけたらサッと隠せる即効性のあるケアを両立することにしました。
本質的なケアだけだと、春先からケアをしないと間に合いませんが、実際、ワキの黒ずみに気づくのは夏直線。
そこから本質的なケアを始めても、薄着になる夏には間に合わないからでした。
ピーリングで古い角質を落として本質的なケアを行ない、ファンデーションのようにクリームが伸びて黒ずみを隠すことで即効性のあるケアとしました。
 
ただ、ピーリングのようにポロポロ落ちる性質とファンデーションのように伸びる性質を両立させることは、なかなか難しいこと。
それぞれに効果を発揮する成分の量や相性、基材の固さで、どちらか一方の効果しか発揮しないことから、発売の1か月前まで処方が完全に固まりませんでした。
 
デリケートな部分のケア商品ということで、発売しても爆発的なヒットは期待していなかったところ、最初に生産したテストロットが発売1か月でほぼ売りつくしてしまった状況。
季節性の高い商品なこともあり、発売した2014年はテストロットを売り切るだけで終わってしまい、2015年から本格展開することになりました。
また、予期しなかったこととして、海外から引き合いも。
試しにアメリカのアジア人コミュニティーで売ってみたところ、予想以上に売れ、マレーシアやシンガポールなどに輸出することになりました。
とくに美白ニーズが高い中国人や中国系の人たちからの支持が高いといいます。
 
すでにご愛用の方はもちろんのこと、人知れずワキの黒ずみに悩んでいる方、夏はノースリーブを着たいのでお手入れをきちんとしておきたい方など、ご興味のある方はぜひ、アクセスしてください。
 
(2017.03.06追記)
URLが変更になったようなので、リンクを貼り直しました。
(2017.03.11追記)
 またまたURLが変更になったようなので、リンクを貼り直しました。なんで?

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 
関連記事

4 Comments

hippopon  

No title

どきっとしちゃう、、
女性が書かないんですね。

2017/03/05 (Sun) 02:20 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

こういうこともありますよ。
この場合は、編集部が教えてくれたのですが、
絶対気づかない商品だったので、思わず
飛びついて取材しました。
自分の場合、こういう気づきそうにないものほど、
かえってやるようにはしています。
勉強になりますし、視点の偏りをなくす意味でも、
意外と思われることをやるのは大切だと思っています。

2017/03/05 (Sun) 12:57 | EDIT | REPLY |   

自遊自足  

No title

あんまり私には・・・・というか全くですね。でも売れてるんですね~

2017/03/05 (Sun) 17:36 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

これは、男性にはほとんど縁がない商品ですね。
売れているということは、それだけ
悩んでいる女性が多いということなんだと思います。
なかなかピンと来ないところではありますが……。
ただ、スキンケア商品ですから、
ワキ以外にも使えることは使えます。
だからといって、男性が使うかといえば
微妙なところだと思います。

2017/03/05 (Sun) 18:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment