FC2ブログ

『@DIME』に記事が掲載されています

小学館のウェブサイト『@DIME(アットダイム)』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。

記事は連載「ヒット商品開発秘話」で、今回はヤクルト本社の『毎日飲むヤクルト』を紹介。
企画・開発の経緯、中身の開発、容器の選定、販路の拡大、などについて紹介しています。
 
『毎日飲むヤクルト』は2015年11月に発売された『ヤクルト』類。
セブン-イレブンやイトーヨーカドーといったセブン&アイグループ限定で販売されています。
 
ヤクルトは誰もが知っている乳酸菌飲料。
長い歴史を持ち、高いブランド力を持っていますが、ユーザーの年齢層と販路に課題を持っていました。
ユーザーの年齢層については、60歳台がメインで、働き盛りの30〜50歳代が手薄。
販路については、コンビニ攻略が遅れていました。
このような課題を抱えていたとき、偶然、セブン-イレブンジャパンが同社の中央研究所を訪れます。
このとき、同社とセブン-イレブンジャパンで同じ価値観を共有していることがわかり、これ以降、両社共同での取り組みが加速します。
この一環で開発されたのが、『毎日飲むヤクルト』です。
 
『毎日飲むヤクルト』は、セブン-イレブン利用客のボリュームゾーンである、30〜50歳代のビジネスパーソンをターゲットに開発されることになりました。
同社が拡大したかった『ヤクルト』ユーザーの年齢層と合致します。
 
『毎日飲むヤクルト』は、30〜50歳代ビジネスパーソンに足りないとされるビタミンCとビタミンEを配合し、脂肪もゼロ。
容量も飲み応えのある100mlとしました。
『ヤクルト』類には欠かせない「乳酸菌 シロタ株」も、市販品の『ヤクルト』類の中で最多の3億個配合されています。
 
また、容器もおなじみの専用容器ではない違うタイプを採用。
背が高く目立ち、開けたら飲み切るタイプのものにしました。
ただ、『ヤクルト』にとってあの専用容器は、中身とともにアイデンティティでもあったため、社内では当初、専用容器を使わないことに疑問を呈す声があがったといいます。
 
こうして開発された『毎日飲むヤクルト』は、当初はセブン-イレブンだけで販売する予定でした。
段階を踏んで販売エリアを拡大し、全国のセブン-イレブンで発売されるようになったのですが、販売好調を受け、イトーヨーカドーなどを含む全国のセブン&アイグループ各店で販売されることになりました。
 
すでにご愛飲の方はもちろんのこと、『ヤクルト』が好きな方、年齢とともに健康が気になってきた方、働き盛りの方など、ご興味のある方はぜひ、サイトにアクセスしてください。
 
(2017.01.28追記)
 URLが変更になったようなので、リンクを貼り直しました。

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 
 
関連記事

4 Comments

hippopon  

No title

セブンイレブン後でのぞいてくるわ。
ご自身はめしあがってますか??

2017/01/20 (Fri) 20:09 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

ときどきセブン-イレブンで買ってますよ。
ただ、地元のセブンではよく売れるせいか、
自分が行くと売り切れていることが多くて困っています。
飲みやすく量もあって、なかなかいいですよ。

2017/01/20 (Fri) 21:29 | EDIT | REPLY |   

自遊自足  

No title

ヨーグルトは毎晩欠かさず食後に食べてます。ヤクルトはロングドライブの時に飲んでますね~ あまり意識してないけど多分これです。運転中は食べるというより飲むものの方が楽なので・・・意識せずに手に取ってますが裏にはいろいろあるんですね。これをうんちくとして相方に話してみるかな

2017/01/21 (Sat) 06:35 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

確かに運転中、は食べるより飲む方が楽ですよね。
セブン-イレブンでヤクルトを買っていた場合、
パックではなく1本単位で買え、
おなじみのあの容器でなければ、
きっとコレだと思います。
大宮のお仕事先でも売っているはずですよ。

ぜひ奥様に、うんちくとして披露してみてください。

2017/01/21 (Sat) 18:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment