FC2ブログ

『@DIME』に記事が掲載されています

小学館のウェブサイト『@DIME(アットダイム)』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。
 
記事は連載「ヒット商品開発秘話」で、今回はファミリーマートの『濃厚焼きチーズタルト』を紹介。
企画・開発の経緯、商品のこだわり、などについてまとめています。
 
2015年11月に発売になった『濃厚焼きチーズタルト』は、もとはサークルKサンクスが開発し、全国のサークルKとサンクスで販売されていたものでした。
しかし、サークルKサンクスの持株会社であるユニーグループ・ホールディングスがファミリーマートと経営統合し、新たにユニー・ファミリーマートホールディングスが誕生したことから、ファミリーマートでも取り扱いが始まりました。
サークルKとサンクスでもまだ取り扱われていますが、コンビニ事業会社としてのサークルKサンクスはもうなく、ファミリーマートに一本化。
将来的には、サークルKとサンクスはファミリーマートに変わる予定になっています。
 
『濃厚焼きチーズタルト』はサクサクした食感とバターの風味豊かなタルト台と、濃厚で口どけのいいチーズが特徴。
サークルKサンクスがスイーツをリニューアルするに当たり、目玉にするべく開発しました。
 
何を目玉にするか検討しているときに目についたのが、チーズタルトでした。
企画当時、チーズタルトは専門店が出始めて認知が少しずつ広がろうとしていた頃。
しかも、コンビニではどこも本格的に手がけていなかったことから、同業他社に先行するべくチーズタルトをつくることにしました。
 
開発に当たっては、専門店と同等のクオリティーを実現すべく、専門店のチーズタルトの特徴を洗い出すことに。
その結果、先に挙げた特徴を持たせることにしました。
そのために、タルト台を成型・焼成する設備をヨーロッパから輸入したほか、チーズについてはフランス産、オーストラリア産、日本産の3種類をブレンドするなど、専門店のクオリティーを実現するべく徹底的にこだわりました。
タルト台の生産設備は手動のため、実態としては手焼き。
一気に大量に生産できないため生産効率は落ちますが、それよりもサクサク感の実現を重視しました。
 
すでに食べたことがある方はもちろんのこと、チーズタルトが好きな方、安くて美味しいコンビニスイーツに目がない方、コンビニの売れ筋商品をチェックしておきたい方など、ご興味のある方はぜひ、サイトにアクセスしてください。
 
(2016.12.24追記)
 URLが変更になったようなので、リンクを貼り直しました。

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 
 
関連記事

2 Comments

自遊自足  

No title

ロングドライブ時にセブンでよく甘いものを買ってます。今回はファミマでチェックですね~

2016/12/22 (Thu) 07:42 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

今は寒い冬ですから、もし見つけたら、
温かいコーヒーと一緒に召し上がると
いいと思いますよ。
食べましたけど、なかなか美味しかったです。

2016/12/22 (Thu) 15:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment