FC2ブログ

『@DIME』に記事が掲載されています

小学館のウェブサイト『@DIME(アットダイム)』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。

アルフレックスジャパン初のオリジナルLED照明『LIGHT CONE』はどのようなもので、どうやって実現させたのか、といったことについて紹介しています。
 
アルフレックスジャパンは、イタリアの有名家具ブランド「アルフレックス」をはじめとした家具やインテリア用品を取り扱う企業。
日本で「アルフレックス」ブランドの商品を企画・開発しています。
 
同社はこれまで、照明器具はイタリアからハロゲン球や白熱灯を使ったもの輸入販売していましたが、世の中のトレンドとして照明器具はLEDに徐々にシフト。
しかし、LED照明は「濁って見える」と不満を持っていました。
こうし不満を背景に、青色LEDに代わり紫色LEDを使った独自の照明器具を開発することに。
京セラと共同で開発し、京セラが紫色LEDの開発を担いました
 
紫色LEDはモノの見え方が自然で、太陽光に近い見え方がするのが特徴。
だが、青色LEDより消費電力が高く(白熱灯よりは低い)、高出力が難しいものです。
とくに照明に使うには高出力化は避けて通れず、開発の最大の課題になりました。
高出力化については、まず光源の熱を利用して空気を吸い上げ上に放出し、ヒートシンク(冷却装置)を冷却しながら紫色LEDも冷却。
故障や短寿命化の原因となる熱を逃がし、高い耐久性を生かした高出力化を実現しました。
 
なお、同社の直営店に行けば、リビングやベッドルームで『LIGHT CONE』を使うとどいうった感じになるか、ということが確認できます。
日本ではあまり使われない間接照明(バウンスライト)で、なかなか落ち着いた雰囲気になりますよ。
 
ご興味のある方はもちろんのこと、照明の買い替えを考えている方、オシャレな間接照明を探している方など、ご興味のある方はぜひ、サイトにアクセスしてください。
 
(2016.09.29追記)
 URLとタイトルが変更になったようなので、修正いたしました。

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 
 
関連記事

4 Comments

自遊自足  

No title

間接照明ってお店がメインで自宅にはあまり使われないって思ってました。が、最近は違うんでしょうね。リビングや寝室にいいのかな~って思うようになりました。もっとも我が家にそんなとこは無いので・・・・

2016/09/22 (Thu) 05:32 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

落ち着いたムードを演出するのに、
間接照明は便利ですが、直接照明のように
明るくはないので、使いづらいところがありますよね。
直接照明に慣れているほど、そんな感じがします。
それに、部屋はそのままにして、ただ照明を
間接照明にだけしても、似合わないですし……。
似合う部屋にした上で使わないと浮いてしまうので、
使い方が難しい気がします。

2016/09/22 (Thu) 15:36 | EDIT | REPLY |   

hippopon  

No title

間接照明は
ろうそく色が好きで、、、
行燈を使ってましたが
地震もあるので電球にしました。

雪洞転がしておくの好きです

2016/09/23 (Fri) 04:30 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

行灯使っていたんですか?
これも間接照明ですね。
風情があります。

2016/09/23 (Fri) 15:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment