FC2ブログ

群馬に行ってきました

前回の更新で、本日は鶴舞う形をした、有名な温泉がいっぱいあり世界遺産もある某都道府県に行くと言いました。
某都道府県とは……群馬県です。
自遊自足さん、大正解です!
 
しかし、群馬といっても、いろいろあります。
どこに行ったかというと……
 
館林駅  
 
館林です。
群馬といっても、すぐそこは栃木であり埼玉といったところ。
確かに時間はかかりましたが(2時間30分ほど)、遠くに来たという感覚はありません。
何せ、最寄り駅から館林駅までの距離(電車に乗った距離)は80数km。
別に特急に乗った訳ではなく、乗車賃だけ払い東京メトロと東武スカイツリーライン、東武伊勢崎線を乗り継いで来ましたから……。
同じ群馬でももっと遠ければ、出張という感覚がして、「出張」と明言したでしょう。
 
さて館林ですが、夏になるとよく名前を聞きますよね。
館林は埼玉の熊谷と並び、関東では暑くなるとことで有名です。
ですから、よく夏になると最高気温で話題になります。
 
今日はどうだったかというと……
 
館林駅前の温度計  
 
34℃もありました。
 
これは駅前に設置されている温度計ですが、正午すぎ(12時30分を少し回ったあたり)に撮ったもの。
太陽がほぼ真上にある頃の気温です。
館林に向かっている頃は、ちょっと曇り空だったので、「少しは楽かな?」と思ったのですが、近づくにつれて天気がよくなり、着くと快晴です。
 
猛暑日手前ですが、34℃は十分に暑いですよ。
それに陽射しが強かったです。
 
あと、駅前には温度計のほかに、こんなものもありました。
 
館林駅前の石碑とタヌキの石像  
 
館林は読売ジャイアンツと関係はあったようですね。
ウィキペディアで調べたところによると、東京巨人軍(現在の読売ジャイアンツ)が1936(昭和11)年に、「死のキャンプ」と謳われた猛特訓が行なったところが、館林にあった分福球場(現在は学校法人関東学園の分福総合グラウンド)のようです。
なぜ、石碑のそばにタヌキがいるかというと、分福球場は分福茶釜でおなじみの茂林寺からは東武伊勢崎線の線路を挟んで反対側に位置していることに由来しているようです。
 
取材が終わった後、すぐ東京に戻ってきたので、館林には長いこといなかったのですが、1つだけ発見が。
昼食のために入った駅前のうどん屋が、「うどん天下一決定戦2015」で3連覇とのこと。
知らずにスゴい店に入っていました。
しかも、そこには「鬼ひもかわ」なるメニューが!
気になったので注文しようかと思ったのですが、店に入ったときにはまだ注文できませんでした(注文は13時から)。
注文できなかったので、なおさら気になります。
これは、群馬県のアンテナショップで探すかもしれませんね。
 
 
 
↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 
 
関連記事

4 Comments

hippopon  

No title

群馬県だったんですね。
文ぶく茶釜の館林、、

雑穀地帯で、戦中は配給があったので初めてお米を食べた地域があったらしいぐらい小麦だったらしいです。
うどん、、おいしいと思います!

2016/07/13 (Wed) 04:50 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

群馬といっても、分福茶釜の館林。
栃木や埼玉に近いところですから、
「群馬に来た!」って感じは薄いです。
昼に食べたうどんは美味しかったですよ。
「鬼ひもかわ」は、やはり気になりますね。

2016/07/13 (Wed) 15:06 | EDIT | REPLY |   

アイハート  

No title

館林ね。。。群馬のどこかな?って思っていましたが。。

宇宙を旅した、(向井千秋さん)が生まれた町ですね。

あと、ツツジ園に行きましたっけ。。あれはGWの頃が、一番見頃です。

2016/07/13 (Wed) 18:38 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

アイハートさんへ

コメントありがとうございます。

行ったことがおありのようですね。
向井千秋さんの出身地なのは、
初めて知りました。
つつじが岡公園も初耳です。

埼玉に近い=都心に近い、ということもあり、
私は「群馬まで来た」という感じがしないのですが、
その割には来たこともなく、知らないことだらけでした。
知っていたのは、夏は暑いことぐらいです。

2016/07/13 (Wed) 19:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment