FC2ブログ

『@DIME』に記事が掲載されています

小学館のウェブサイト『@DIME(アットダイム)』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。

記事は連載「ヒット商品開発秘話」で、今回は宝酒造の『松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒』を紹介。
企画・開発の経緯、開発に時間を要した理由、売り方の特徴、などについて紹介しています。
 
『松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒』は商品名からわかるように、飲むと炭酸でシュワっとする清酒。
甘く、炭酸が適度にきいて飲みやすいのが特徴です。
アルコール度数も、一般的な清酒が15度なのに対し5度と、ビール並みの低さです。
 
実はこの商品、開発から完成までに6年の時間を要していますが、その理由の1つに、「澪」用の清酒を仕込んでいることがあります。
「澪」のために新しい酒を仕込んでいるとは思ってもいなかったので、これは意外でした。
また、ボトルについても、炭酸ガスのガス圧に耐えられるガラス厚の検討や、女性が食卓に置いても清酒とは思われないオシャレなデザインなど、課題が多々あり、それらを一つずつクリアしていきました。
 
すでにご愛飲の方はもちろんのこと、まだ飲んだことがない方、清酒を普段飲まない方、清酒が苦手で飲めない方、など、ご興味のある方はぜひ、サイトにアクセスしてください。
 
 
 
↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 
 
関連記事

4 Comments

自遊自足  

No title

興味はあるんですがまだ飲んだことないんです。売り場に行った時は手には取るんですが、戻しちゃいます。思いきって・・・・

2016/05/19 (Thu) 09:25 | EDIT | REPLY |   

hippopon  

No title

東北から濁酒を持って帰って
父にのませようとしたら、、
しゅ~~~ぅと吹き出ました。
びっくりしましたっけ。

スパークリングワインは
シャンパンでない事は知ってましたが、
色々のみ安く出てるんですね。

2016/05/19 (Thu) 16:44 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
味は結構甘めで、本当に初心者、苦手な人向きの清酒です。
清酒がお好きな人や飲み慣れている人は、
<DRY>の方が口に合うかもしれません。
いずれも飲みやく低アルコールなので、
普通の清酒より、くいくいと飲めるはずですよ。

2016/05/19 (Thu) 21:30 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

濁り酒って飲んだことがないから
知らないんですけれど、
開けたら吹き出るものなんですかね。
はじめて知りました。

それはそうと、清酒も若い人に飲んでもらおうと、
いろいろやっているんですよね。
ユーザーを拡大しないと将来がないですから……。
そういう私も、ほとんど飲まないんですよね。
昔はよく飲んでいたので好きな方ですが、
翌日に残りやすいので、かなり控えています。

2016/05/19 (Thu) 21:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment