FC2ブログ

日本橋浜町〜清澄庭園〜門前仲町

本日は午後から取材で日本橋浜町へ。
浜町といえば……
 
明治座  
 
明治座があるところ。
取材先も明治座と同じ通り沿いにありました。
ちなみに、明治座には行ったことがありません。
それどころか、まともに芝居を観に行ったことがないんですよね。
文化や芸術には、てんで疎いのでした。
 
取材は無事終了。
本日はいい天気だったこともあり、少し歩いて行くことにしました。
目の前は清洲橋通り。
少し歩くと、あそこに行けます。
隅田川にかかる清洲橋からは……
 
清洲橋から見たスカイツリー(16.03.25)  
 
こんな景色が。
川には、少し冷たくも気持ち良い風が吹き渡っていました。
こうして見ると、隅田川って結構雄大に見えますね。
街中に川や掘がある風景は、昔から好きなんです。
 
さらに歩くこと数分、目的地に到着します。
目的地とは……
 
清澄庭園  
 
看板の通りです。
はじめて清澄庭園に来ました。
取材前日にたまたま、取材先から歩いていける距離に清澄庭園があることに気づき、天気がよかった場合、取材が終わったら寄ることにしていました。
 
入場料150円を払い、中に入ります。
中には大きな池がドーンとあり、その周りをぐるっと歩けるようになっています。
外国人観光客もいたりして、人はそこそこいたのですが、庭園内は静か。
リラックスしたりするにはいい所です。
 
池をぐるっと歩くと、いろんなものに目が留まります。
そうはいっても、そのほとんどが鯉や鳥。
鯉なんかは……
 
鯉1  
 
鯉2  
 
鯉3  
 
こんな感じですが、人がいるとエサをくれると思っているのか、結構寄ってきて、口を開けてエサの催促です。
妙に人慣れしています。
 
鳥も……
 
鳥の群れ  
 
こんな風にして種類関係なく仲良くしています。
 
鴨  
 
鴨はわかったのですが、
 
謎の鳥1  
 
謎の鳥2  
 
謎の鳥3  
 
この3種類はわかりません。
とくに2枚目の鳥は数も少なく、庭園内ではほとんど見かけませんでした。
 
あとは……
 
亀の甲羅干し  
 
亀が甲羅干しをしていたり、
 
おたまじゃくしの大群  
 
大量のおたまじゃくしも発見できました。
 
庭園ですから、見どころは池だけではありません。
 
池と緑1  
 
涼亭  
 
島にかかる橋  
 
池と緑2  
 
石灯籠と明石  
 
松  
 
苔  
 
こんなように、池に突き出た数寄屋造りの建物(これは「涼亭」といいます)や、島にかかる橋、石灯籠や名石、松の木や苔。
庭園を構成するこれらすべてが、欠かせないものとして存在感をさり気なく発揮しています。
 
ゆっくり歩いても20分程度で、池は一周できます。
ちょっとした息抜きや何も考えずリフレッシュしたいときに、ここを訪れるのはいいかもしれませんね。
静かでいいところでしたよ。
 
少しリフレッシュできたので、清澄庭園を後にいて帰路につくことに。
ちょっと歩けば門前仲町なので、そこから地下鉄に乗って帰ることにしました。
 
すると、その途中に……
 
コーナン江東深川店  
 
ホームセンターのコーナンを発見。
以前から名前は知っていましたが、はじめて見ましたので立ち寄ることにしました。
コーナンは本社が大阪なこともあり店舗展開は近畿が中心で、東京では珍しいです。
最近、あまり行ってなかったこともあり言ってなかったのですが、「ホームセンター好き」としては見逃せませんでした。
 
中は撮影できないのでしませんでしたが、とくに目立った点はなく、他のホームセンターとはあまり違いは発見できず。
糊を切らしていたので、テープのりの詰め替え部を買って門前仲町から地下鉄に乗って帰りました。
 
 
 
↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 
 
関連記事

6 Comments

自遊自足  

No title

東京って意外と緑が多いですよね。しかも公園というか大きな庭園があっちこっちにあるんですよね。これもお江戸の時代にさかのぼるんでしょうね。

2016/03/26 (Sat) 06:02 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

東京は意外と緑が多いと聞きますが、ずっと住んでいると、
なかなかピンと来ないんですよね。
でも、大阪や名古屋に行ったりすると、
その意味が実感できます。
確かに多いかもしれませんね。

清澄庭園でもらったパンフレットによると、
清澄庭園は岩崎彌太郎が整備した
ものらしいですが、一説には
紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と伝えられ、
享保年間(1716-35)に下総国、関宿藩主の
久世大和守の下屋敷となり庭園のもとが
形づくられたそうです。
岩崎彌太郎はこの邸地を含む一帯約3万坪を
取得したそうですよ。

2016/03/26 (Sat) 12:50 | EDIT | REPLY |   

lily  

No title

こんにちは、はじめまして。
浜町から清澄白河、私が結婚するまでお世話になった沿線エリアです。
懐かしいなぁと思って。

明治座もずっと気になっていたスポット。
清澄庭園も近かったけどもしかすると行っていないのかも。
素敵なところですね♪

また行ってみたいなぁって思いました。

2016/03/26 (Sat) 17:39 | EDIT | REPLY |   

hippopon  

No title

こんばんは
後援は馬のオペラジンガㇿでゆきまそた。
東京居てからは傍まで行って、、行かずじまい。
春風でさそわれましょう。

2016/03/26 (Sat) 18:42 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

lilyさんへ

初コメントありがとうございます。

このあたりに縁があったのですか。
懐かしく感じていただき、嬉しく思います。

清澄庭園にははじめて行きましたが、静かでいいところでした。
のんびりできるところなので、お近くに行った際にはぜひ、
立ち寄られるといいかもしれませんよ。

2016/03/26 (Sat) 19:43 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

芝居はお好きなようですね。
いろいろ観られているようですが、
私は気がつくと、観た記憶がありません。
とくに嫌いではないんですけれどね。

2016/03/26 (Sat) 19:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment