久々に見た『日経ビジネス』

とくに用事がない限り、平日は必ず、地元の書店に顔を出します。
本日も顔を出したのですが、月曜日といえば週刊経済誌の発売日です。
 
週刊経済誌といえば、『週刊ダイヤモンド』(ダイヤモンド)、『週刊東洋経済』(東洋経済新報社)、『週刊エコノミスト』(毎日新聞出版)、『日経ビジネス』(日経BP社)の4つ。
このうち『日経ビジネス』だけは直販誌ですので、書店では取り扱いがありません。
ですので、残り3誌を書店でチェックします。
チェックするだけで買うことはほとんどなく、書店からすれば迷惑な客です。
 
しかし、先週からなぜか『日経ビジネス』を取り扱うようになりました。
『日経ビジネス』は直販誌なので、買うとしたら日経BP社に年間購読を申し込むか、駅の売店で買うのが普通。
原則的には、書店以外で買うしかありませんでした。
 
例外的に、大手書店では『日経ビジネス』を取り扱うことがあります。
しかし私が行っている地元の書店は、チェーン店とはいえ大手とは言えません。
そういう書店でも『日経ビジネス』を扱うようになったとは、時代も変わったものです。
果たしていつまで続くかわかりませんが……。
 
直販誌だったこともあり、週刊経済誌の中では一番目を通す機会が少なかった『日経ビジネス』。
久しぶりに読んでみましたが、最近の『日経ビジネス』は以前とは少し様子が違います。
昔に比べて雑誌が薄っぺらくなりましたね。
これは完全に、広告が減ったためだと思われます。
ということは、部数も落ちているということで、誌面が飽きられている、などの問題もあるのかもしれません。
実際、昔から『日経ビジネス』は面白い、ためになった、役に立った、といったことを感じたことが、ほとんどありませんでした。
 
ちなみに、4誌の中で比較的好きなのが『週刊東洋経済』。
ときどき、独特な切り口の特集が面白かったりします(以前はたまに買っていました)。
それ以外は、ほぼ横一線です(『日経ビジネス』が少し落ちるかな?)。
 
こう書くと、週刊経済誌を書店で熟読しているように思われるかもしれませんが、軽く目を通すだけ。
なので、パラパラと目を通す程度で、熟読まではしません。
熟読するのであれば、買っています。
取材のネタになりそうなもののヒントを得るために目を通しているので、これで十分だったりします(今のところ)。
 
 
 
↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 
 

恐怖のシャンプー体験

気がついたら頭がボサボサ。
それもそのはず、髪を切ってから2カ月経っていました。
なので、本日は床屋で散髪です。
2カ月ぶりの散髪ですが、普段からこんなペースです。
 
雨が降ったり止んだりとはっきりしない天気でしたが、床屋にGO
それほど待つことなく、髪を切ってもらえることができました。
 
ただ、今回の散髪では、いつもは感じない恐怖を感じることになりました。
 
それは髪が切り終わり頭を洗っているときのこと。
カットは店長がやりましたが、シャンプーから人が交代しました。
いつも通り洗ってもらい、とくに何事もなく洗い流すことに。
泡だらけの頭を、シャワーで洗い流し始めました。
 
ところが……です。
洗ってくれた人は、(正直言うと)流すのが下手でした。
泡を流すのに気を取られたのか、耳に水が入りそうになっているのに気づかず。
耳の付近の泡を流そうとするときに工夫が足りず、両耳の入口付近に水が大量にたまっていくのがわかりました。
 
耳(それも両耳)の中に水がたっぷり入りそうになるので、終わるまでずっとヒヤヒヤ。
最終的には耳に水が入ることはありませんでしたが、耳に水が入りそうで入らないというのは、なかなか怖いです。
終わるまでずっと、ヒヤヒヤしていました。
耳の付近を洗い流すときは、耳を閉じながら流すなど工夫して欲しかったです。
 
でも、ちょっと不思議に思いませんか?
普通、床屋でシャンプーを洗い流すときは、前にシャンプー台があって、座った状態から頭を前に出して頭を流します(最近はそうでもないのかな?)。
したがって、上からシャワーで流しても、耳にはほとんど水が入ることがありません。
 
では、この床屋ではなぜ、普通では起こり得ないことが起こりかけたのでしょうか?
それは、シャンプー台が美容院のように頭の後ろに来るため。
通っている床屋のシャンプー台は移動式で、イスを後ろに倒し仰向けにしてからシャンプー台を頭の後ろにセットして流します。
なので、耳が上を向いた状態になり、上からシャワーで泡を洗い流すときに水が入りやすくなります。
 
シャンプー台を頭の後ろにするのは、美容院では普通のこと。
なので、シャワーで洗い流すときに耳に水が入りそうになったことがあるのは、とくに女性だと多いのではないでしょうか?
皆さんもお気をつけください。
 
 
 
↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 
 

プロフィール

大澤裕司(yuji)

Author:大澤裕司(yuji)
FC2ブログへようこそ!

2005年から本格的に、ライター稼業で生計を立てています。
主な取材分野は技術開発、中小企業、モノづくり(生産技術、生産管理も含む)、IT活用、人材育成、など。
2008年8月には初の著書『これがドクソー企業だ』を上梓しました。

仕事の依頼は大歓迎です。
コメント欄からご連絡いただければと思います。
その際、〈非公開〉にチェックを入れることをお忘れなく。
ただし、コメントについては、当ブログの内容と仕事の依頼に関係ないと判断した場合、容赦なく削除するのであしからず。←ここ重要

なお、BLOGでは基本的に、仕事とは関係ないことと仕事のことの両方を、とりとめもなく延々と紹介していきます。コメントへの返事は原則いたしますが、時と場合によってはしませんので、予めご了解ください。

ランキング参加中

どうか「ポチッ」とお願いします

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

スポンサードリンク

Flashカレンダー

人気ページランキング

ブログパーツ

最新記事

アーカイブ/カテゴリー

 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード