SIMフリーiPhone5S/5C 日本で発売

いきなりの発表でしたが、アップルが突然、日本国内でSIMフリーのiPhone5SiPhone5CApple Storeで発売を始めました(詳しくはココをクリック)。
Apple Storeを確認したら、このようなページ(iPhone5SiPhone5C)があり、確かにSIMフリー版が売られています。
 
唐突感は否めませんが、アップルはいつも突然発表するのでが、急きょ販売というよりも前々から準備していたのでしょう。
日本でも格安SIMがだんだん普及してきたので、日本でのSIMフリー版投入のタイミングを図っていたのかもしれません。
 
SIMフリー版が日本でも登場したことは、個人的には歓迎しています。
キャリアで契約すると、2年縛りのような余計なモノがどうしても付随して邪魔なのですが、SIMフリー版はそういったものがないので、ありがたい。
もちろん、サポートなどの面からキャリアで契約したいという人もいるので、キャリアが販売することもアリです。
要は、消費者にとって選択肢が増えることはいいことだと思っているわけです。
 
ただ、端末価格がやや高い気がしないでもありません。
5S71,800円(16GB)/81,800円(32GB)/91,800円(65GB)、5C60,800円(16GB)/71,800円(32GB)。
同じくSIMフリーでAndroidを搭載したNexsu539,800円(16GB)/44,800円(32GB)なのと比べると、かなり差があります。
また、輸入されている海外版のSIMフリーiPhone5S5Cの価格と比較しても、それほど差がありません。
なお、海外版のSIMフリーiPhone5S5Cの価格はEXPANSYSのものを参考にしました。
 
SIMフリー端末を欲する人というのは、海外によく行かれる人のほか、通信費を削減したい人もいるといわれています(まだ手にしていないが、私もその一人)。
でも、この価格だと少々考えてしまうかもしれません。
 
しかし、アップルが日本国内でSIMフリー端末の販売を始めたことは、素直に歓迎したいです。
これを機に、Android端末を開発しているメーカーも、SIMフリー端末を投入する流れになればいいのですが、果たしてどうなるか。
これからの推移を注視したいと思います。
 
あと、せっかくですから、アップルにはiPad AiriPad mini Retinaディスプレイモデル(対象は、いずれもWi-FiCellularモデル)のSIMフリー版も日本で発売してほしいです。
個人的には仕事で使いやすい、通話で利用する予定がない、という理由から、iPhoneよりiPadSIMフリー版の日本での発売を強く望んでいます。
 
 
 
↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 
 

この冬の防寒対策

もうすぐ冬本番。
防寒の準備はバッチリですか?
 
実は私、もともと寒いのが苦手。
しかも、年々寒さに弱くなっています。
ですので、防寒といえばひたすら重ね着をしていました。
 
でも、重ね着にも限界があります。
そこで、この冬は新兵器を投入することを決意。
本日、早速買ってきました。
 
買ってきたのは、こんなモノです。
 
M-65ライナー  
 
これだけ見ると、「どこが新兵器?」と思うはず。
だって、前が合わせられません。
それに、何だか薄く、首もとが見るからに寒そうです。
 
「これは使えそうにない」
きっと多くの人が思うでしょう。
これはある意味で、正解です。
なぜなら、これはあるモノのライナーで、本来は組み合わせて使うものだからです。
 
何と組み合わせるかというと……
 
 M-65
 
おわかりになりますか?
これは「M-65」と呼ばれるフィールドジャケットです。
冬の防寒着として愛用しています。
そもそもは大学生だった20年以上前に買ったもので、しばらく着ていない期間があったのですが、数年前に再び引っ張り出して使うようになりました。
そんなわけで、20年以上使っている割には、コンディションはそれほどヒドくありません。
 
もともとM-65を買ったときにはライナーはなく、当時、ライナーがあったことすら知りませんでした。
ライナーの存在を知ったのは比較的最近のこと。
これまでは別に、ライナーがなくてもあまり不都合は感じなかったのですが、防寒という観点から、そして重ね着のしすぎで着ぶくれするのを避けることから、今回ライナーを買うことにしました。
 
買ったところはアメ横。
M-65を買った店で買いました。
なお、店はアメ横でも有名な中田商店です。
 
M-65にライナーを付けると、こんな感じになります。
 
M-65+ライナー  
 
違いがわかりにくいですが、これでライナーがきちんと装着されています。
では、どうやってライナーを装着していると思いますか?
おそらくジッパーで取り付けると思う人もいるかもしれませんが、実はボタンで留めているだけです。
 
ライナーのボタン留め(背)  
 
ライナーのボタン留め(裏)  
 
 ライナーのボタン留め(袖)
 
こんな感じでボタン留めできるんです。
M-65の裏地には最初から、ライナーをボタン留めするためのボタンがついています。
買ってから20年以上たちますが、裏地のボタンを使うのは、これがはじめてです。
 
どれくらいの防寒性能があるかは試していないのでわかりませんが、ライナーは薄い割には暖かく、雪国にでも行かない限りとくに問題ない感じがします。
東京あたりであれば、これで十分でしょう。
 
あと、ライナーを付けると厚みが増すので、腕回りが動かしにくくなる気がするのですが、そんなことはありませんでした。
その理由は、ライナーにこんな工夫があるためです。
 
M-65ライナーの脇  
 
袖と胴が完全にくっついているわけではなく、脇のところが空いています。
だから、M-65はライナーを付けても腕が動かしやすいのです。
 
このライナー、価格は3800円。
思いのほか安くすみました。
それもこれも、M-65を大事に着ていたからできたこと。
今年から冬はこれで乗り切ることにします。
 
 
 
↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 
 

プロフィール

大澤裕司(yuji)

Author:大澤裕司(yuji)
FC2ブログへようこそ!

2005年から本格的に、ライター稼業で生計を立てています。
主な取材分野は技術開発、中小企業、モノづくり(生産技術、生産管理も含む)、IT活用、人材育成、など。
2008年8月には初の著書『これがドクソー企業だ』を上梓しました。

仕事の依頼は大歓迎です。
コメント欄からご連絡いただければと思います。
その際、〈非公開〉にチェックを入れることをお忘れなく。
ただし、コメントについては、当ブログの内容と仕事の依頼に関係ないと判断した場合、容赦なく削除するのであしからず。←ここ重要

なお、BLOGでは基本的に、仕事とは関係ないことと仕事のことの両方を、とりとめもなく延々と紹介していきます。コメントへの返事は原則いたしますが、時と場合によってはしませんので、予めご了解ください。

ランキング参加中

どうか「ポチッ」とお願いします

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

スポンサードリンク

Flashカレンダー

人気ページランキング

ブログパーツ

最新記事

アーカイブ/カテゴリー

 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード