『MONOist』に記事が掲載されています

ITmedia(アイティメディア)が運営するモノづくりスペシャリストのための情報ポータル『MONOist(モノイスト)』に、私が執筆を担当した記事が掲載されています。
 
経済産業省が毎年発行している『ものづくり白書』の2013年版の内容を元に、日本の製造業の海外展開にまつわる現状と課題をまとめました。
あと、『ものづくり白書』の読み解きに関しては、もう一回掲載される予定になっています。
 
ご興味のある方はぜひ、サイトにアクセスしてください。
 
※(2013.10.31記)後編「研究開発は“コスト”なのか、データで見る技術立国の危機」もアップされています。
 
 
 
↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 
 

不可解な出来事、その後

前回ご紹介した不可解な出来事についてですが、本日NTT東日本の営業担当から連絡があり、真相が判明しました。
長くなりますが、事の顛末を紹介します。
 
発端は今から一週間ほど前のこと。
わが家があるマンションンで、NTが説明会を開いていました。
私は興味なかったので詳しいことは記憶していないのですが、やっていたことは確か『フレッツ光』だかのサービス案内みたいなこと。
わが家があるマンションはフレッツ光のマンションタイプが使えるのですが、この一環でフレッツ光をはじめとした各種サービスの案内をしていたのかもしれません。
 
実は、この説明会に家人が顔を出していました。
今回の件のポイントは、ここにあります。
 
NTTの説明によれば、このとき今回申し込んでいないサービスのことを家人に話し、そのときのやり取から、私が利用してもいいということになっていたようでした。
電話をかけてきたNTTの営業担当は、このときの説明会にいた人らしく、電話では顔を出していた家人の名前も出てきました。
 
前回の当ブログでは、この説明について何ら触れていませんでしたが、今回の件が発生したときに、実はこのときの説明会が怪しいと睨んでいたので、説明会に顔を出していた家人に確認を取っていました。
確認したところ、今回勝手に申し込まれていたサービスについては説明を受けておらず、私の名前・電話番号といった個人情報は渡していないとのこと。
要は、NTTからすれば説明をしたし了解も取ったと思っていたことが、家人からすればまったくそんな憶えがないことで、行き違いが生じていた訳です。
一時は個人情報が流出したのかとヒヤヒヤしましたが、そんなことはなくて助かりました。
 
それにしても、です。
NTTって、よく確認もせず契約を結ぼうとするのでしょうか?
直接利用する本人が申し込んだわけではないのですから、もう少しきちんと事をすすめるべき。
こんな調子で仕事をしていたら、契約に関するトラブルも多いのではないのでしょうか?
とにかく、気をつけていただきたいものです。
 
 
 
↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 
 

プロフィール

大澤裕司(yuji)

Author:大澤裕司(yuji)
FC2ブログへようこそ!

2005年から本格的に、ライター稼業で生計を立てています。
主な取材分野は技術開発、中小企業、モノづくり(生産技術、生産管理も含む)、IT活用、人材育成、など。
2008年8月には初の著書『これがドクソー企業だ』を上梓しました。

仕事の依頼は大歓迎です。
コメント欄からご連絡いただければと思います。
その際、〈非公開〉にチェックを入れることをお忘れなく。
ただし、コメントについては、当ブログの内容と仕事の依頼に関係ないと判断した場合、容赦なく削除するのであしからず。←ここ重要

なお、BLOGでは基本的に、仕事とは関係ないことと仕事のことの両方を、とりとめもなく延々と紹介していきます。コメントへの返事は原則いたしますが、時と場合によってはしませんので、予めご了解ください。

ランキング参加中

どうか「ポチッ」とお願いします

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

スポンサードリンク

Flashカレンダー

人気ページランキング

ブログパーツ

最新記事

アーカイブ/カテゴリー

 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード