節電下の猛暑で知る電気のありがたみ

東京はまだ梅雨明けしていませんが、きびしい暑さが連日のように続いています。
節電の一環で、エアコンの使用を自粛し扇風機だけでしのいでいるのですが、昨日は暑さでほとんど眠れず、本日は完全な寝不足です。
今年の夏も昨年のような猛暑になるのでしょうか?
まだ梅雨が明けていないのに、先が思いやられます。
 
今年の夏をどう乗り切ればいいのだろうか?
ちょっと途方にくれかけていたとき、所用で立ち寄ったヨドバシカメラで節電グッズを集めた一角を発見。
気休めの意味から、これら2つのものを買いました。
 
MIRACOOL スカーフタイプ  
 
熱中ガードアイスノン 冷水バンド  
 
上が「MIRACOOL スカーフタイプ」、下が「熱中ガードアイスノン 冷水バンド」です(バックが汚いのはご容赦を)。
いずれも水道水を含ませるだけで冷却効果を発揮するタイプの商品です。
保冷剤が最初から入っている、あるいは保冷剤を別途仕込んだりするタイプではないので、個人的には大した冷却効果を期待していません。
だから気休めなのです。
 
MIRACOOL スカーフタイプ」は早速、使ってみました。
水道水につけ軽くしぼっただけで、確かに水分をよく保持してくれます。
ただ、それなりに気持ちいいものの、パッケージにある「南極気分」というほどではないかも。
南極気分がほしいなら、キンキンに冷やした水か氷水を使った方がいいかもしれません。
 
「熱中ガードアイスノン 冷水バンド」については、寝るときに使ってみるつもりです。
 
ただ「熱中ガードアイスノン 冷水バンド」は、開発・販売元である白元のHPでは商品ラインナップに含まれていません。
なぜ?
ひょっとしたら、すでに生産中止になっており、在庫は現在流通している分だけなのかもしれません。
 
それにしても、これまで電気を無意識に使っていたことを遅まきながら実感しています。
福島第一原発の事故に端を発した電力不足の懸念から、社会全体が節電モードに移行していますが、今回のことをきっかけにして、日本人のライフスタイルが見直されることになるのかもしれません。
エネルギーのムダ遣いがよくないことだけは確かですから。
 
 

虫コナーズ プレートタイプ

昨日は大日本除虫菊の取材で大阪に出張していました。
大日本除虫菊という社名を聞いてピンと来ない方がいても、「金鳥」と聞けば知っているのではないでしょうか?
そう、大日本除虫菊とは蚊取り線香や「キンチョール」などの殺虫剤でおなじみの、あの会社です。
 
取材の趣旨は、この商品の開発について。
 
虫コナーズプレート130日大
 
「虫コナーズ プレートタイプ」です。
ユニークなCMでおなじみの「虫コナーズ プレートタイプ」ですが、どういう経緯で開発が企画されたか、ただ吊るしておくだけで効果を安定して発揮する仕組み、といったことについて話を聞いてきました。
 
取材記事はある月刊誌に掲載されます。
掲載誌が発売になりましたら本ブログで告知しますので、お楽しみに。
 
※記事掲載誌が発売になりました。詳しくはこちら
 
 

プロフィール

大澤裕司(yuji)

Author:大澤裕司(yuji)
FC2ブログへようこそ!

2005年から本格的に、ライター稼業で生計を立てています。
主な取材分野は技術開発、中小企業、モノづくり(生産技術、生産管理も含む)、IT活用、人材育成、など。
2008年8月には初の著書『これがドクソー企業だ』を上梓しました。

仕事の依頼は大歓迎です。
コメント欄からご連絡いただければと思います。
その際、〈非公開〉にチェックを入れることをお忘れなく。
ただし、コメントについては、当ブログの内容と仕事の依頼に関係ないと判断した場合、容赦なく削除するのであしからず。←ここ重要

なお、BLOGでは基本的に、仕事とは関係ないことと仕事のことの両方を、とりとめもなく延々と紹介していきます。コメントへの返事は原則いたしますが、時と場合によってはしませんので、予めご了解ください。

ランキング参加中

どうか「ポチッ」とお願いします

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

スポンサードリンク

Flashカレンダー

人気ページランキング

ブログパーツ

最新記事

アーカイブ/カテゴリー

 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード