自宅前から見える東京スカイツリーを愛機でうまく撮影したいが……

仕事の合間、ちょっと近所に出かける用事があり外出。
自宅マンションの玄関を出たとき、ふと思い立ってこんな写真を撮影しました。
 
 東京スカイツリー(10.07.30撮影)
 
これ、何の写真だかわかりますか?
ケータイのカメラで撮ったのでわかりにくいかもしれませんが(最大望遠にしてもこの程度)、真ん中に注目して見てください。
うっすら塔のようなものが見えませんか?
 
カンのいい人はすでにお気づきかもしれませんが、真ん中に写っている塔のようなものは東京スカイツリーです。
実は、自宅マンションからこんな感じで見えます。
ずっと前から見えることは知っていましたが、写真に撮ったのは今回がはじめてです。
 
2012年春に開業予定の東京スカイツリーは完成すると高さ634メートル。
自立式電波塔としては世界一の高さになります。
本日現在、高さは408メートルまで到達しています。
 
ケータイのカメラだとこんな感じでしか撮影できないのが残念なところ。
主に仕事で使っているデジタル一眼レフカメラがあるのですが、実はレンズが18-70mmの標準ズームレンズ1本しかありません。
試したわけではありませんが、最大望遠にしても、今回の写真より塔が小さくなるだろうと思われます。
 
ですので、きちんと写そうと思ったら、もっと焦点距離の長いレンズが必須。
レンズ本体の大きさ、撮影時間帯によっては、三脚も必要です。
 
「もっとズームがきくレンズが欲しい」
実は、以前からこう思っていました。
 
今回に限らず、仕事でカメラを使うとき(ときどき、こういう仕事もあるんです)に、標準ズームでは厳しい局面が多々あり、いつも無理して使っていました。
現在使っているカメラはニコンの「D80 」で、レンズは「AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f/3.5-4.5G IF-ED」。
いずれも生産終了になっています。
 
手持ちのレンズを活かすということから考えて、いま一番欲しいズームレンズは、
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED」です。
これだと、すでに使っているレンズと焦点距離がかぶらず、ムダがなくなります。
やや値段は張りますが、VRというニコン独自の手ぶれ防止機能を体感してみたいのも欲しい理由です。
使っている方がいらっしゃれば、このレンズの印象などを聞かせていただけますでしょうか?
 
しかし、これでも自宅前から東京スカイツリーを撮影するのは厳しいかも……と思わないでもありません。
 
また、欲しいレンズはこれだけではありません。
この件については言い出したらキリがないので、続きは機会があれば話題にしたいと思います。
 

ガンプラの今後30年とバンダイ

いまから30年前(1980年)の本日、何があったかご存じでしょうか?
 
実はこの日、バンダイからはじめて「ガンプラ」が発売されました。
本日でめでたく、30歳を迎えたわけです。
 
30年前の発売当時、小学生だった私は、当時の人気ぶりをいまでも良く覚えています。
クラスでも流行していて、結構熱中していた奴がいたものです。
そういう私は不器用なので、ほとんどつくりませんでしたが……。
 
そんなこともあり、ガンプラには興味を持つことなく、これまでずっときたわけですが、今年になって突如、ガンプラに注目するようになりました。
きっかけは、ガンプラを取材する機会に恵まれたこと。
取材前に、現在のガンプラがどんな風になっているのかを知るために、久々にガンプラを組み立てたり、取材後に誌面で作例を紹介することになり、原稿を書きながらガンプラの組み立てと作例の撮影を並行して行ったことなど、いい思い出です(詳しくはこちら。その1その2その3)。
 
ガンプラをつくってみての印象は、昔に比べてかなり変わりました。
とにかく簡単で面倒な作業がほとんど不要になったのには、ただただビックリ。
「30年でこんなに進歩するのか!」と驚くだけです。
 
取材したことは掲載記事を見ていただくとして(上の[その3]をクリック)、本日は記事でも触れたあることが現実になりました。
それは、ガンプラ30周年を記念した新ブランド「RG(リアルグレード)」の発売です(詳しくはこちら)。
 
RG 1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)
  
RGは、HG(ハイグレード)といわれるガンプラのブランドと同じ1/144スケールながら、内部フレーム構造も再現した1/100スケールのMG(マスターグレード)とほぼ同等の動きを可能にした野心作。
第一弾は写真のようにもちろん「ガンダム」、いわゆるファーストガンダムです。
第二弾として「シャア専用ザク」の発売も決定したようです(発売時期は未定)。
一週間ほど前、用事があって行った秋葉原のヨドバシカメラで模型売場に飾ってあったRGガンダムの完成品(店内ディスプレイ用)を見ましたが、質感が高く期待を裏切らない完成度でした。
 
RGの詳細については、バンダイが開設したガンプラ30周年記念のホームページに詳しく出ていますので、そちらをご覧ください(こちらをクリック)。
 
ガンプラづくりは個人的に、休みの日にやることがないときなどにうってつけのホビー。
RGもいつか、つくってみたいと思っています。
 
また本日から開催の「模型の世界首都 静岡ホビーフェア」に、バンダイが全長18メートルの1/1ガンダムを出展しました。1/1ガンダムは昨年の東京・お台場に続いての出現ですが、今回は2011年3月27日までと長期間にわたって展示されるとのこと。
夏休の行楽などにももってこい、ではないでしょうか?
 
とにかく、今年はガンプラから目が離せそうにありません。
そして今年をきっかけに、これからの30年でガンプラがどう成長し、ガンプラビジネスがバンダイの経営にどのようなインパクトを与えるのかを、可能な限りウオッチしていけたらと思っています。
 

プロフィール

大澤裕司(yuji)

Author:大澤裕司(yuji)
FC2ブログへようこそ!

2005年から本格的に、ライター稼業で生計を立てています。
主な取材分野は技術開発、中小企業、モノづくり(生産技術、生産管理も含む)、IT活用、人材育成、など。
2008年8月には初の著書『これがドクソー企業だ』を上梓しました。

仕事の依頼は大歓迎です。
コメント欄からご連絡いただければと思います。
その際、〈非公開〉にチェックを入れることをお忘れなく。
ただし、コメントについては、当ブログの内容と仕事の依頼に関係ないと判断した場合、容赦なく削除するのであしからず。←ここ重要

なお、BLOGでは基本的に、仕事とは関係ないことと仕事のことの両方を、とりとめもなく延々と紹介していきます。コメントへの返事は原則いたしますが、時と場合によってはしませんので、予めご了解ください。

ランキング参加中

どうか「ポチッ」とお願いします

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

スポンサードリンク

Flashカレンダー

人気ページランキング

ブログパーツ

最新記事

アーカイブ/カテゴリー

 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード