今年も残りあとわずか

2日間連続の忘年会も昨日で終わり、今年も残りわずかとなりました。
ようやく年賀状も書き終え、本日投かんするというだらしない有様ですが、今年も無事、1年間を終えられそうです。
 
来年は大厄にあたりますので、どうなることやら。
気をつけて1年を過ごしたいと思います。
 
さて、話は忘年会に戻りますが、昨日の忘年会で久しぶりにあることをやらかし、参加者の顰蹙を買ってしまいました。
何をやらかしたかというと、忘年会の席上で思いっきり酔っ払ってしまい、店の中で眠ってしまったことです。
しかも熟睡。
おそらく、1時間半ほどは寝ていた気がします。
忘年会が始まる前に「ウコンの力」を飲んでいたのですが、効き目はありませんでした。
 
ハウス ウコンの力 100ml 
  
そんなに飲んだつもりはないんですけれど、メンツが私を含め3人と小じんまりしたものですので、残された2人はしらけてしまったことでしょう。
目が覚め、すっかり酔いも覚めた後は、ひたすら謝り倒しました。
 
飲んだ量も生ビール(中ジョッキ)2杯と泡盛(3合ビン)1本。
泡盛は私ともう1人で空けたのですが、久しぶりの泡盛ということもあり、調子に乗って飲み過ぎたのかもしれません。
ちなみに、飲んだ泡盛は「久米島の久米仙」です。
 
乙 久米島の久米仙 泡盛30°600ml 
  
店で寝るほど酔っ払ったなんて、記憶にないほど久しぶりです。
幸い、ひと眠りしたら酔いが完全に覚めたので、その後はもう1軒ハシゴするほど回復し(ただし、酒を飲む気力はなく、ずっとウーロン茶を注文)、お開きになった後、電車を寝過ごすことなく家に帰ることができました。
 
……といった具合で、昨日の忘年会は個人的に後味の悪いものになりました。
原因が自分にあるだけに、どうすることもできず、余計にタチが悪いです。
 
2010年はこんなことがないよう、気をつけねば……。
 
なお、1軒目に入った店は「沖縄 やきとん 鉄板焼 まんま 神楽坂店」といいます。
偶然見つけた店なのですが、料理がうまく、値段も割と良心的で、店の雰囲気もGoodです。
普段、酒の席ではあまり料理に手をつけない私がガツガツ食べたほどですから、味はいいです。
また行ってみたいと思える1軒です。
 
 
※今年の更新はこれで最後です。
これまで本ブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。
2010年もよろしくお願いいたします。
 

今年の忘年会

あっという間に今年も終わりそうです。
このブログを読まれている皆さん、忘年会などはすべて終わったでしょうか?
 
さて、私の忘年会事情はというと、今年は2回。
しかも、全部これからです。
フリーランスですから職場の忘年会などないので、少ないかもしれません。
それに、改めて振り返ってみると、フリーランスになってから酒を飲む機会はグッと減りました。
2回の忘年会を含めても、今年アルコールを口にした回数は両手で収まるほどしかありません。
 
こう書くと、もともと酒が好きではないのでは? とお思いになるかもしれませんが、そんなことはなく、実は酒好きです。
ただ、家飲みは好きではなく、専ら外飲みが専門。
外飲み専門ですので、昔からそれほど飲む回数が多かったわけではないのですが(毎日のように飲み屋で飲んでいたら、金が続かない)、それがさらに少なくなったというわけです。
 
近々ある忘年会で、約2カ月ぶりの飲酒になります。
これだけ間が空いていても、別に何ともなかったのですが、久々に飲むのですから、うまい酒を飲みたいものです。
 
懐に思いっきり余裕があれば、プレミアム焼酎といわれている3Mを浴びるほど飲んでみたいです。
3Mとはこちらの3本です。
 
森伊蔵

森伊蔵 1.8L 25°森伊蔵酒造

 
  
魔王

魔王1.8L 25°白玉酒造

 
 
 村尾 

村尾1.8L 25°村尾酒造

 
 
3Mの中で森伊蔵だけは、6年ほど前に一度だけ飲んだことがあるのですが、これは今まで飲んだ焼酎の中で一番のうまさです。
あまりにも高いので一杯しか飲んだことがありませんが、その一杯の印象が強烈で、今でもよく覚えています。
 
森伊蔵はともかく、今まで比較的飲んできた中で好きなのが赤霧島と角玉です。
赤霧島は年2回の限定販売につき手に入りにくい面がありますが、この2銘柄は個人的にオススメです。
 
赤霧島 

焼酎 赤霧島25°900ml 宮崎

 
角玉 

芋焼酎 角玉25° 1800ml

 
 
今年の忘年会では、うまくて楽しい酒が飲めるだろうか?
健康に感謝しつつ、こうやって酒が飲めれば、忘年会としてはいうことありません。
 

プロフィール

大澤裕司(yuji)

Author:大澤裕司(yuji)
FC2ブログへようこそ!

2005年から本格的に、ライター稼業で生計を立てています。
主な取材分野は技術開発、中小企業、モノづくり(生産技術、生産管理も含む)、IT活用、人材育成、など。
2008年8月には初の著書『これがドクソー企業だ』を上梓しました。

仕事の依頼は大歓迎です。
コメント欄からご連絡いただければと思います。
その際、〈非公開〉にチェックを入れることをお忘れなく。
ただし、コメントについては、当ブログの内容と仕事の依頼に関係ないと判断した場合、容赦なく削除するのであしからず。←ここ重要

なお、BLOGでは基本的に、仕事とは関係ないことと仕事のことの両方を、とりとめもなく延々と紹介していきます。コメントへの返事は原則いたしますが、時と場合によってはしませんので、予めご了解ください。

ランキング参加中

どうか「ポチッ」とお願いします

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

スポンサードリンク

Flashカレンダー

人気ページランキング

ブログパーツ

最新記事

アーカイブ/カテゴリー

 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード