『ITmedia ビジネスオンライン』に記事が掲載されています

アイティメディアが運営するウェブメディア『ITmediaビジネスオンライン』に、私が取材・執筆した記事が掲載されています。

記事は連載「あの会社のこの商品」で、今回はカルビーの『47都道府県の味のポイテトチップス』を紹介。
企画・開発の経緯、開発の進め方、フレーバーやパッケージが決まるまで、格闘道府県の売れ行き傾向や盛り上がり方、などについて紹介しています。
 
『47都道府県の味のポテトチップス』は、カルビーが2017年度に開始した『❤︎JPN(ラブ ジャパン)プロジェクト』から生まれた商品。
「地元の味を愛すれば、日本がもっと好きになる」をコンセプトに、各都道府県ならではの地元の味をポテトチップスのフレーバーにしました。
47都道府県の味を3回に分けて、期間・エリアともに限定して販売。
今年度はこれまで第2弾まで発売になっており、最後の第3弾もこの2月に発売の予定です。
なお、ジャガイモの産地であり同社と結びつきが深い北海道は3回、同社創業の地である広島は2回(第2弾目、第3弾目)販売されます(それぞれ異なるフレーバーで)。
 
開発のきっかけは、2016年に東北や北関東限定で販売された『ポテトチップス いかにんじん味』の成功。
いかにんじんは福島県の郷土料理ですが、評判が高かったことから3回、限定販売されました。
予想以上に商業的に成功を収めたほか、これまでホテトチップス売場に足を運ばなかった人たちを開拓できたことなどから、各地の地元ならではの味をポテトチップスのフレーバーにすることにチャレンジすることになりました。
 
47都道府県の地元ならではの味をつくるというのは前例のないプロジェクト。
最初は進め方に悩みましたが、いかにんじん味の成功に倣い、自治体と組むことにし、都道府県庁とコンタクを取ることに。
コンタクトが取れたら直接出向いて企画趣旨を説明し、協力を要請して回りました。
どの自治体も協力的で、積極的に関わってくれたといいます。
 
ただ、このプロジェクトの難しいところは、フレーバーやパッケージを決めることもさることながら、各都道府県の思いやこだわりが異なるため、進め方が一様とはいかなかったこと。
それに、一般流通に乗せた時の採算性や勝算なども考えなければなりません。
それだけに、商品が完成するまでの各プロセスを一つひとつ丁寧進める必要がありました。
 
すでにご愛用の方はもちろんのこと、ポテトチップスが三度の飯より好きな方、47都道府県のポテトチップスの味が気になる方、自分の地元の味に興味津々の方など、ご興味のある方はぜひ、サイトにアクセスしてください。

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『バカ売れ法則大全』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 

『ITmedia ビジネスオンライン』に記事が掲載されています

アイティメディアが運営するウェブメディア『ITmediaビジネスオンライン』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。
 
記事は連載「あの会社のこの商品」で、今回はイデアインターナショナルの『コンパクトホットプレート』を紹介。
企画・開発の経緯、開発時の問題とその解決、発売後の改良、今後の展開、ななどについて紹介しています。
 
『コンパクトホットプレート』は2014年3月発売。
同社が展開するBRUNOブランドから発売されました。
 
『コンパクトホットプレート』はテーブル上で調理が楽しめるものとして開発。
インテリアとしてなじむよう、家電としてではなくキッチン用品をイメージさせるデザインでつくることにしました。
その結果、ホーロー鍋をイメージさせる現在のデザインが採用されました。
 
ホットプレートは技術的には確立されているものの、デザイン性の高さから本体とフタの成形で思った通りの品質が実現しなかったといいます。
生産は中国の工場に委託しましたが、その問題は工場独自に解決。
無事、期待通りの品質で本体とフタを成形することができました。
 
発売から約1年後の2015年2月には、ユーザーの声を受けてモデルチェンジを実施。
プレートの温度を直接測るようにして、サーモスタットのレスポンスを改善しました。
 
また、『コンパクトホットプレート』は2〜3人前向けであったため、売れるに従い、「もっと大きなものが欲しい」という声が多く寄せられるようになったことから、4〜5人前のファミリーサイズになる「ホットプレート グランデサイズ」を開発します。
『コンパクトホットプレート』の開発経験があるので、『ホットプレート グランデサイズ』の開発はスムーズにいくかと思いきや、大きくなったことで新たな課題が浮上。
その解決方法は、苦労の跡がにじみ出るものになりました。
 
すでにご愛用の方はもちろんのこと、ホットプレートの購入・買い替えを検討されている方、家電らしくなくインテリアになじむホットプレートをお探しの方など、ご興味のある方はぜひ、サイトにアクセスしてください。

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『バカ売れ法則大全』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 

プロフィール

大澤裕司(yuji)

Author:大澤裕司(yuji)
FC2ブログへようこそ!

2005年から本格的に、ライター稼業で生計を立てています。
主な取材分野は技術開発、中小企業、モノづくり(生産技術、生産管理も含む)、IT活用、人材育成、など。
2008年8月には初の著書『これがドクソー企業だ』を上梓しました。

仕事の依頼は大歓迎です。
コメント欄からご連絡いただければと思います。
その際、〈非公開〉にチェックを入れることをお忘れなく。
ただし、コメントについては、当ブログの内容と仕事の依頼に関係ないと判断した場合、容赦なく削除するのであしからず。←ここ重要

なお、BLOGでは基本的に、仕事とは関係ないことと仕事のことの両方を、とりとめもなく延々と紹介していきます。コメントへの返事は原則いたしますが、時と場合によってはしませんので、予めご了解ください。

ランキング参加中

どうか「ポチッ」とお願いします

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

スポンサードリンク

Flashカレンダー

人気ページランキング

ブログパーツ

最新記事

アーカイブ/カテゴリー

 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード