『@DIME』に記事が掲載されています

小学館のウェブサイト『@DIME(アットダイム)』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。

記事は連載「ヒット商品開発秘話」で、今回はサントリービールの『頂』を紹介。
企画・開発の背景、味づくりの工夫、ビールらしくないネーミングやパッケージデザインに至るまで、などについて紹介しています。
 
2017年7月に発売された『頂』は新ジャンル(第三のビール)で、特徴は高アルコールなこと。
ビール類のアルコール度数は5%前後が一般的な中、発売当初は7%、この2月にリニューアル後は8%としています。
高アルコールにしたことやコク豊かな麦汁、強い炭酸などにより、ビールと遜色ない飲みごたえを実現しました。
 
開発の背景にあったのは、缶チューハイなどでアルコール度数7%を超える高アルコールのもの(ストロング系)の人気が高かったこと。
ビールでも同じように、「高アルコールが支持される可能性があるのではないだろうか?」ということが発端になりました。
これと同時に、当初より向上したとはいえ、新ジャンルの味はまだ、ビールにはかなわず改良の余地があったことがあります。
 
ただ、過去に高アルコールの新ジャンルで思ったような結果が得られなかった経験があったことから、同社内では『頂』の開発に対し必ずしも好意的ではありませんでした。
そこで、過去の失敗の反省を踏まえて、中身を開発することに。
新ジャンルにありがちなスッキリした飲みごたえではなく、コクがある豊かな味わいがするものを目指しました。
 
開発上の最大の課題は、高アルコールになればなるほど、独特にクセが目立つこと。
このクセを緩和しないとリピートにつながらないことから、ホップの種類や配合比率、投入タイミングを変えながら試作を作り続け、検証を重ねました。
ビール類は醸造酒ゆえ、試作を1つくるといっても完成までに相当な時間を要しますが、つくった試作は150にも及んだといいます。
 
一方、ネーミングとパッケージデザインはビールらしくないものになりましたが、社内では物議を醸します。
どちらも「ビールらしくない」ことが物議を醸しましたが、社内の反応をよそにユーザー調査では評価が高く採用されることになりました。
 
すでにご愛飲の方はもちろんのこと、ビール類が好きな方、ビール類のアルコール度数はもっと高くてもいいのにと思っている方、ネーミングとパッケージデザインに惹かれる方、アルコールなら何でもOKな方など、ご興味のある方はアクセスしてください。

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『バカ売れ法則大全』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 

『@DIME』に記事が掲載されています

小学館のウェブサイト『@DIME(アットダイム)』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。

記事は連載「ヒット商品開発秘話」で、今回はサーモスの真空断熱ケータイマグ『JNL』シリーズを紹介。
企画・開発の経緯、軽量化のための取り組み、使い勝手を高めるための工夫、などについて紹介しています。
 
携帯できる小型・軽量のマグボトルに好きな飲み物を入れて持ち歩くことが、すっかり定着しましたが、こうしたライフスタイルをつくるのに一役買ったのが、今回紹介するサーモス。
しかし、他社の参入などにより競争が激化し、きっかけとなったヒット商品の優位性や新規性がなくなってきました。
そこで、サーモス史上最軽量のケータイマグをつくるプロジェクトが発足し、このプロジェクトの成果として誕生したのが『JNL』シリーズでした。
 
軽さに注目したのは、容器の進化の歴史は軽量化の追求であるためでした。
しかしケータイマグの軽量化といっても、取れる手段が限られます。
一番簡単な方法は、ボディのステンレスを薄くすること。
つまり、材料の使用量を少なくすることです。
 
ところか、ステンレスを薄くすると強度が落ち、凹みやすくなったりします。
もし落として凹んだりしたら、保温/保冷機能が損なわれ、ケータイマグとしての機能を果たせなくなります。
軽量化と同時に、強度と保温/保冷機能を確保する必要がありました。
ステンレスを薄くすると同時に、保温/保冷の要となる真空層の薄型化や溶接方法の工夫を織り交ぜることで、最終的には目標以上の軽量化を達成することができましたが、ここに至るまでには、難しいパズルを解くような作業を繰り返しました。
 
こうして『JNL』シリーズは大幅な軽量化を実現しますが、その一方で、使い勝手を高める改良も相当行ないました。
洗いやすくするようパッキンを小型・薄型化し可能な限り凹凸をなくしたほか、飲み口の穴を拡大して飲みやすくするなどしています。
 
すでにご愛用の方はもちろんのこと、マグボトルをお探しの方、軽いマグボトルに買い換えたい方など、ご興味のある方はアクセスしてください。

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『バカ売れ法則大全』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 

プロフィール

大澤裕司(yuji)

Author:大澤裕司(yuji)
FC2ブログへようこそ!

2005年から本格的に、ライター稼業で生計を立てています。
主な取材分野は技術開発、中小企業、モノづくり(生産技術、生産管理も含む)、IT活用、人材育成、など。
2008年8月には初の著書『これがドクソー企業だ』を上梓しました。

仕事の依頼は大歓迎です。
コメント欄からご連絡いただければと思います。
その際、〈非公開〉にチェックを入れることをお忘れなく。
ただし、コメントについては、当ブログの内容と仕事の依頼に関係ないと判断した場合、容赦なく削除するのであしからず。←ここ重要

なお、BLOGでは基本的に、仕事とは関係ないことと仕事のことの両方を、とりとめもなく延々と紹介していきます。コメントへの返事は原則いたしますが、時と場合によってはしませんので、予めご了解ください。

ランキング参加中

どうか「ポチッ」とお願いします

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

スポンサードリンク

Flashカレンダー

人気ページランキング

ブログパーツ

最新記事

アーカイブ/カテゴリー

 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード