『@DIME』に記事が掲載されています

小学館のウェブサイト『@DIME(アットダイム)』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。
 
記事は連載「ヒット商品開発秘話」で、フマキラーの『ゴキブリワンプッシュ』を紹介。
商品企画の経緯、商品化の決め手、隠れているゴキブリが表に出て死ぬメカニズム、などについて紹介しています。
 
『ゴキブリワンプッシュ』はすき間にワンプッシュするだけで隠れていたゴキブリが表に出てきてやがて死ぬ、という世界初のゴキブリ殺虫剤ですが、きっかけになったのは蚊取りの『おすだけベープ』。
フマキラーの社員が、宿泊したホテルの部屋にあったすき間に向けて何回も噴霧したところ、外出から戻ってきたときにゴキブリが表に出てきて死んでいたといいます。
蚊取りは殺虫成分が弱いため、大型のゴキブリには効かないと思われていましたが、『おすだけベープ』の剤型を生かす形ですき間に向けて噴霧するゴキブリ用殺虫剤として企画されました。
 
ただ、ゴキブリは苦手な人にとっては見たくもない存在。
逃げ込んだゴキブリを表に出すことが果たしていいことなのか、ということについて社内で議論になりました。
ゴキブリが死んだのをこの目で確認したい人と、死骸など見たくない人の割合は拮抗していたとのことですが、ゴキブリの死骸など見たくない人の中にはそれでも、「怖いけど死んだことを確認したい」人がいます。
死骸など見たくない人の中で「怖いけど死んだことを確認したい」人がどれだけいるか調べたところ、実に65%がいることが判明。
こうして商品化することが決まります。
 
しかし、隠れていたゴキブリを表に出すには速効性のある有効成分は使えません。
効き目の強い成分を使うにしても、どれだけの量を使うか、などといったことが問題になりました。
また、厚生労働省の防除用医薬部外品の認可を得るに当たってはクロゴキブリとチャバネゴキブリの2種類に効果が認めなければならいのですが、体格差がある2種のゴキブリで同じように効果となるようにしなければならいことも、有効成分の選定と量の設定を難しくしました。
 
こうして完成した『ゴキブリワンプッシュ』ですが、これまでのゴキブリ用殺虫剤との何が、どう違うのかを明確にしないことには、店頭ではなかなか手に取ってもらえません。
そのため、既存のゴキブリ用殺虫剤との違いをテレビCMや店頭に強調することにしたといいます。
 
すでにご愛用の方はもちろんのこと、ゴキブリでお困りの方、これまでのゴキブリ用殺虫剤に不満がある方、ゴキブリがいるかと思うと不安で夜も眠れない方、ゴキブリは苦手だけどこの目で死んだことを確かめたい方など、ご興味のある方はぜひ、アクセスしてください。

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 

『@DIME』に記事が掲載されています

昨日は皆さんのブログに訪問している途中、突然寝落ち。 orz
なので、ほとんどお伺いすることができませんでした。
本日はきちんとお伺いいたしますので、お許しください。 m(_ _)m

さて、本日の本題。
 
小学館のウェブサイト『@DIME(アットダイム)』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。
 
記事は連載「ヒット商品開発秘話」で、今回はエステーの『脱臭炭 ニオイとり紙』を紹介。
企画・開発の経緯、開発中の出来事、売り場で手に取ってもらうための工夫、などについて紹介しています。
 
『脱臭炭 ニオイとり紙』は商品名の通り、ニオイを取る紙で、見た目は灰色のトイレットペーパー。
ゴミ箱の中や靴の中のニオイを取るのに最適です。
 
『脱臭炭』は脱臭剤としてはおなじみですが、一時期は苦戦していたとのこと。
そのため、テレビCMやキャンペーンに注力し、何とか盛り返すことに成功しました。
この結果の先にあったのが、『脱臭炭 ニオイとり紙』の開発でした。
これまでの『脱臭炭』は対応していないものの、ニオイを取りたいところはどこかを調査したところ、浮き彫りになったのがゴミ箱の中や靴の中でした。
 
ただ、『脱臭炭』は粉末にした備長炭をゼリー状にしたもので、ゴミ箱の中や靴の中には使いづらいものでした。
最適な剤型は何かを模索する日々が続きましたが、この過程で紙が水分を吸い取ることに着目。
これをきっかけに、炭と紙を合わせるアイデアが生まれました。
これまで紙を使った商品をつくった経験はなかったものの、アイデアが評価されチャレンジすることになりました。
 
しかし、紙と炭の相性はなかなか決まらなかったとのこと。
キレイにできずまだら模様になることもあれば、見た目には何の問題もなくても機能が満たせないことがありました。
ときには協力工場の生産ラインを1日ストップしてもらい、試作品づくりのためだけに生産ラインを動かしてもらうといった無理も聞いてもらったと言います。
 
こうして完成した『脱臭炭 ニオイとり紙』ですが、小売店の反応は高く、取り扱いに前向きでした。
ただ、新規性の高い商品なので手に取ってもらうまでが大変。
売り場で手に取ってもらうために店頭ツールをいろいろつくり、注目してもらうように工夫したといいます。
 
すでにご愛用の方はもちろんのこと、ゴミ箱や靴の中のニオイが気になる方、どうすれば紙で脱臭できるの? と思っている方、『脱臭炭』ユーザーの方など、ご興味のある方はぜひ、アクセスしてください。

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 

プロフィール

大澤裕司(yuji)

Author:大澤裕司(yuji)
FC2ブログへようこそ!

2005年から本格的に、ライター稼業で生計を立てています。
主な取材分野は技術開発、中小企業、モノづくり(生産技術、生産管理も含む)、IT活用、人材育成、など。
2008年8月には初の著書『これがドクソー企業だ』を上梓しました。

仕事の依頼は大歓迎です。
コメント欄からご連絡いただければと思います。
その際、〈非公開〉にチェックを入れることをお忘れなく。
ただし、コメントについては、当ブログの内容と仕事の依頼に関係ないと判断した場合、容赦なく削除するのであしからず。←ここ重要

なお、BLOGでは基本的に、仕事とは関係ないことと仕事のことの両方を、とりとめもなく延々と紹介していきます。コメントへの返事は原則いたしますが、時と場合によってはしませんので、予めご了解ください。

ランキング参加中

どうか「ポチッ」とお願いします

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

スポンサードリンク

Flashカレンダー

人気ページランキング

ブログパーツ

最新記事

アーカイブ/カテゴリー

 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード