野菜になったお犬様

すっかりご無沙汰して申し訳ございません。 m(_ _)m
このところ予定が立て混んでいた上に派手な寝落ちを繰り返していました。
皆さんのところに訪問するのが精一杯で、更新まで手が回りませんでした。
 
今回は久しぶりの投稿なので、一気に巻き返します。
何と言っても、わが家にはお犬様イチロー(ミニチュアダックスフンド、15歳♂)がいます。
ここは一つ、イチローに協力を願い、久しぶりの被り物シリーズと行きましょう。
イチローの被り物は一部で、「気乗りしない顔」で隠れた人気を誇っているんですよ。
 
今回被っていただくのは『かわいい かわいい ねこ野菜ちゃん』。
とうもろこしを始め、にんじん、だいこん、トマト、なす、たまねぎがあります。
 
昨日、新橋界隈を歩いていたら、コンビニの前に置いてあったガチャガチャでコレを見つけてしまい即買い。
被ると立体的なとうもろこし狙いでしたが、結果は……
 
ねこ野菜ちゃん トマト  
 
真っ赤なトメェ〜トです。
なんだが、ヘタのついた水泳帽みたいですが、被るとどうなるでしょうか?
早速、モデルのイチローの被っていただきました。
すると……
 
トマトを被ったお犬様2  
「またー?」
 
いいですねー。
わけわからん、という表情をしています。
ただ、頭にぴったりフィットしすぎているせいか、バナナを被ったときのような面白さはないかな? というのが飼い主のかんそうです。
 
というわけでイチロー、被ってみた感想は?
 
トマトを被ったお犬様1  
「フレッシュトマトいかがすかー」
 
えっ、フレッシュトマト?
「お爺ちゃんなんだから完熟トマトでしょ?」と返すと、イチローは……
 
 トマトを被ったお犬様3
「ヒドい。ぐすん……」
 
と落ち込むではありませんか!
イチローにとっては気乗りしない中でも精一杯のファンサービスだったのですが、余計なひと言で機嫌を損ねてしまいました。
これは完全に失敗です。
 
実際、この後、この写真を撮った私の仕事場(兼寝室)をイチローは出て行き、去り際に被っていたトマトを自ら脱いでいきました。
自ら脱ぎにかかり、本当に脱いでいきましたから、被り物は冗談抜きに気乗りしないようです。
 
最後はいじけてしまったイチローですが、この手の被り物は立体的なものの方がいいですね。
できれば犬用のものも、もっとつくってほしいです。

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『バカ売れ法則大全』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 

東京で買った宮城の名産品

この前の月曜日(2月5日)のことです。
 
この日は埼玉の朝霞で取材でした。
朝霞は東武東上線の沿線。
家に帰るときは、東上線に乗って池袋まで出ます。
 
家に帰る途中、池袋に出て無印良品に寄り、仕事用のノートを1冊購入。
その後、無印の向かいにあったコメダに寄って一休みし、コメダを出てからあそこに寄りました。
 
あそことは……
 
宮城ふるさとプラザ  
 
宮城県のアンテナショップ『宮城ふるさとプラザ』です。
池袋に唯一と思われる地方自治体のアンテナショップ。
自称「アンテナショップ好き」なので、池袋に来たらかなりの確率で訪れており、当ブログでも何度か紹介しております(詳しくは矢印以降をクリック→その1その2その3その4
 
地方自治体のアンテナショップの中では何気に来店頻度が高いところなのですが、今回もしっかり2品ゲットしてきましたよー。
というわけで、早速紹介します。
 
まず1品目は……
 
三角定義油揚げ  
 
『三角定義油揚げ』です。
 
仙台郊外の定義山(定義如来西方寺)のご当地グルメで、見てのおわかりになる通り、巨大な油揚げになります。
この巨大な油揚げを、わが家では普通に焼いて食べたほか、味噌汁の具にも使ってみました。
 
その結果ですが、個人的には味噌汁の具に使った方が美味く感じました。
他の油揚げと比較しても、汁物の味をよく含んでくれるようなので、味噌汁の具のほか、煮物全般にいいかもしれません。
 
なお、普通に焼いて食べる食べ方は、個人的にはイマイチでした。
汁気はよく吸ってくれる反面、よく焼いたときに味わえるはずのカリッ、サクッとした食感が乏しかったです。
 
日本には、巨大な油揚げを名物にしているところがいくつかありますが、普通に焼いて美味しいのは、栃尾(新潟県)の油揚げですね。
栃尾の油揚げは何度も食べたことがありますが、これは焼いて食べるのが一番だと思います(むしろ、この食べ方しか知らない)
 
2品目は……
 
生どら焼き(もちべえ)  
 
『生どら焼き』です。
日本各地で見かけることができるようですが、ウィキペディによれば、もとは仙台銘菓のようです(詳しくはココをクリック)。

名前から想像がつくかもしれませんが、生どら焼きは中が小倉あんではなく、生クリームをベースにした各種フレーバーのあんを使っています。
なので、味の想像がつきやすいかと思いますが、これは本当に美味しいですよ。
 
実は以前にも食べたことがあり、当ブログでもかなり前に、生どら焼きのことをチラッと紹介しています(詳しくは矢印以降をクリック→その1その2
ときどき食べたくなる味なのですが、今回久しぶりに購入です。
以前買ったことがあるところとは別のところのものを買いました。
3つ買ったうち、一番ベーシックな生クリームと小倉あんを合わせたものをいただきましたが、生クリームと小倉あんの相性は抜群。
これは何度でもリピートしたい味です。
 
以上が今回買った2品になります。
今回買った2品は全部「当たり」でした。
次回以降もこの調子で、自分の目と舌にかなうものを見つけられればと思います。

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『バカ売れ法則大全』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 

プロフィール

大澤裕司(yuji)

Author:大澤裕司(yuji)
FC2ブログへようこそ!

2005年から本格的に、ライター稼業で生計を立てています。
主な取材分野は技術開発、中小企業、モノづくり(生産技術、生産管理も含む)、IT活用、人材育成、など。
2008年8月には初の著書『これがドクソー企業だ』を上梓しました。

仕事の依頼は大歓迎です。
コメント欄からご連絡いただければと思います。
その際、〈非公開〉にチェックを入れることをお忘れなく。
ただし、コメントについては、当ブログの内容と仕事の依頼に関係ないと判断した場合、容赦なく削除するのであしからず。←ここ重要

なお、BLOGでは基本的に、仕事とは関係ないことと仕事のことの両方を、とりとめもなく延々と紹介していきます。コメントへの返事は原則いたしますが、時と場合によってはしませんので、予めご了解ください。

ランキング参加中

どうか「ポチッ」とお願いします

にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

スポンサードリンク

Flashカレンダー

人気ページランキング

ブログパーツ

最新記事

アーカイブ/カテゴリー

 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード