ヒト・モノ・コトあれこれと……

ライター大澤裕司のブログ。とりとめもないことを延々と書いています

『ビジネス+IT』に記事が掲載されています

ソフトバンクグループの出版社、SBクリエイティブが運営するウェブメディア『ビジネス+IT』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。
 
ホンダの歩行訓練機器『Honda歩行アシスト』の開発経緯、誕生までの道のり、今後の課題、などについて紹介しています。
 
ホンダといえば日本を代表する二輪車・四輪車メーカーですが、実はパワープロダクツという汎用エンジンを核とした事業も展開しています。
パワープロダクツ事業は四輪車事業よりも歴史が古いのですが、『Honda歩行アシスト』もパワープロダクツ事業の商品です。
 
『Honda歩行アシスト』は高齢や病気により歩行が困難になった人たちが歩行訓練時に使うもの。
1999年から研究開発を始め、2015年に発売となりました。
 
研究開発はホンダらしく「歩くこともモビリティー」と捉えたことからスタート。
高齢化社会を見据えて研究開発を始めたものの、ターゲットや用途が明確だったわけではありませんでした。
ターゲットと用途が明確になったのは2007年。
「国際福祉機器展」というイベントに出展したしたことがきっかけで医療関係者の目に留まり、医療・リハビリ分野で歩行訓練に利用できることが明確になります。
以後、京都大学などと共同で研究開発が進み、一部施設での2年間の先行使用を経て発売になりました。
 
取材では実際に、『Honda歩行アシスト』を体験することができました。
ひと言で言えば、電動アシスト自転車に乗っているときにモーターで押されている感じと似ています。
とくに階段を上り下りしているときに、モーターの力を実感しやすく、歩行に何ら支障がない自分でも楽でした。
 
なお、このサイトは会員制。
記事は昨日アップされたのですが、会員以外の方は記事がアップされた当日しか全文を読めませんので、もし全文を読みたい場合は会員登録をオススメいたします。
すでにご愛用の方はもちろんのこと、医療・リハビリ・介護に従事しているか興味のある方、身近に歩行訓練をしている方がいる方、ロボット技術に興味がある方、ホンダという企業のファンの方など、とにかく興味のある方は必読です。
 
【余談】
この取材ネタを見つけたのは自分で、自らホンダに取材を申し込んだもの。
ここまでは気づかなかったのですが、原稿を書き始めようとしたとき、自分には脳出血で倒れ、現在リハビリに励んでいる友人がいることを思い出しました。
友人は右半身が完全に麻痺していて、今回紹介した歩行訓練機器を使えるまでには至っていません。
しかし、少しでも右半身が回復すれば、このようなロボット技術を使った歩行訓練機器が使え、社会復帰の大きな助けになるはずです。
 
そういう思いから、今回の記事は友人の1日でも早い回復を願い書きました。
 
また見舞いに行くから待ってろよ!

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『バカ売れ法則大全』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 
 

ペンのようでペンじゃない

愛読誌というよりも、仕事でごく稀に絡むことがある『DIME』(小学館)。
遅ればせながら、今月発売の最新号を昨日購入したのですが、こんな付録がついていました。
 
STICK TOOL SET6  
 
一見するとペンにしか見えません。
誰もがペンだと思うはずです。
ではペン先を出してみましょう。
 
ビットを取り付けてみた  
 
ペン先に見えないんですけど……。
どう見てもドライバーです。
 
実はこれ、ペンに見えますが『STICK TOOL SET6』というドライバーのセットです。
頭が外れるようになっているのですが、外すと中から……
 
STICK TOOL SET6のビット  
 
6本のビット(先端部分)が出てきました。
ビットは交換式で、プラスが4本、マイナスが2本。
サイズは全部異なります。
 
しかも、この『STICK TOOL SET6』は面白いことに……
 
 LEDライトON
 
LEDライト内蔵。
なので……
 
ビットを取り付けLEDライトON  
 
こんな感じで暗いところでの作業にも使えます。
 
LEDライトをつけるには、頭のスイッチを押すだけ。
当然、中には電池が仕込んであります。
本体が真ん中で2分割できるようになっており、電池は交換可能です。
 
なお、電池ですが、LR41というボタン電池を4個使います。
LR41っていうボタン電池は初めて見ましたが、ものすごく小さいので、交換するとき大変かも……。
 
用途はメガネ、サングラス、カメラ、おもちゃなどのネジを締めたり緩めたりするほか、塗料のフタなどを開けたりするのに使えます。
詳しい使い方は、ココをご覧ください。
 
ちなみに、メガネのつるが外れてしまい困っている(ネジは無事と仮定)女性のそばを、偶然通りかかった自分がこれを使いさっとネジを締めて直してあげたら、モテるでしょうか?
女性の皆さん、見解をお聞かせください。
もし、モテるようでしたら、これは持ち歩くことにします。
 
 

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『バカ売れ法則大全』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ